決定!子どもを見守る「ココセコム」が初のCSD認証登録

セコムの舟生です。

小学生のお子さんにもご愛用者が多い「ココセコム」。子どもの安全を見守る「ココセコム」が認証登録されました
GPS衛星と携帯電話基地局の情報を組み合わせた精度の高い位置検索サービスや、通報に応じてセコムの緊急対処員がかけつけるサービスなど、セコムならではの「子どもの見守り」でご好評をいただいています。

この子どもの安全・安心に貢献するサービスについて、企画・開発から運用・カスタマーコミュニケーションまでの一連のデザインプロセスが認められ、このたびキッズデザイン協議会による「CSD(Child Safety through Design)認証」を取得しました!

CSD認証は、昨年10月に創設されたばかり。
「ココセコム」は、CSD認証登録の栄えある第1号(4点認証された中の一つ)となりました。

子どもの安全のお役に立てているという喜びを噛みしめるとともに、だれもが安心して暮らせる社会を目指して貢献していきたいという決意をあらたにしています。

「ココセコムを活用した子どもの見守りサービス」の認証登録を記念して、さらに「ココセコム」のことをみなさまに知っていただくべく、利用シーンなどをご紹介したいと思います。

 

* * * * * * * * *


▼ 「CSD認証」は子どもの安全性向上の証!
「CSD認証」は、長年子どもが安全に健やかに成長できる社会づくりに取り組んできた「キッズデザイン協議会」による認証制度です。製品・環境・サービスなどにおいて、一般に定められている安全基準や規格の遵守だけでは解決できない子どもの事故を防ぐ目的で創設されました。

実際に起きた事故、類似事故、「ヒヤリハット」などに基づき、キッズデザイン協議会が独自に定めた「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」に関する安全性のガイドラインを守っていること。加えて、自社の既存の事業プロセスに、キッズデザインのプロセスを導入して循環させるなど、より高い安全性のための「プロセス」があることに対して、与えられる認証制度なのです。

つまり、「CSD認証」がついた製品やサービスは、子どもの安全を十分に考慮したプロセスのもとにつくられているということであって、子どもにとってより安全度が高いということになります。


▼ CSD認証登録「ココセコムを活用した子どもを見守るサービス」とは?
「もしもの時のために、子どもの居場所がわかるようにしておきたい」と思う保護者の方が多いと思います。そんな声に応えるのが、屋外用携帯緊急通報システム「ココセコム」です。

□ パソコンや携帯電話から子どもの現在位置が確認できる
□ 「通報ボタン」を押すだけ。簡単操作でセコムに通報できる
□ 要請に応じて、セコムの緊急対処員が現場に急行

この「位置情報提供」「通報」「現場急行」は、「ココセコム」最大の特長。
これらのサービスやオペレーションまで含めた、「ココセコム」の高い安全を生み出す一連のプロセスが、CSD認証の対象になりました。

「ココセコム」は防犯だけに特化しているので、通話機能やメール機能はありません。「位置情報サービスはほしいけど、子どもに携帯電話を持たせるのは心配...」という方にも、安心してお選びいただけるのも、特長のひとつです


* * * * * * * * *


これまでの「ココセコム」の貢献事例は6,000件以上。

帰宅が遅いお子さんの発見・安全確保など、さまざまな地域、状況で安全・安心のお役にたっています。「自転車で遊びに行くようになった」「バスや電車で習い事に行くようになった」「塾で帰宅が遅くなる日がある」などなど、行動範囲が広がったり、環境が変わったりしたときに、持たせることを決める親御さんが多いようです。

セコムはこれからも、子どもの安全・安心の証であるCSD認証にふさわしいサービスをご提供できるよう、よりいっそうの努力を続けていきます





2014年4月17日(木)

カテゴリー: お知らせ

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索