大人の知らない最新ケータイ事情<その2>~子供をネット犯罪から守るために~

セコムの舟生です。

大人の知らない最新ケータイ事情前回に引き続き、NPO青少年メディア研究協会の理事長 下田博次氏へのインタビューをお届けしたいと思います。

前回は、「学校裏サイト」や「出会い系サイト」に代わって、健全とされるコミュニティサイトで新たな問題が発生している現状を伺ったところまでご紹介しました。

携帯電話・インターネットを通じた犯罪が、想像を超えた範囲で起きていること。また、それが大人の見えない形で行われていることに、皆さんも改めて驚かれたのではないかと思います。

私も、だれもが当たり前のように使っているケータイサイトが、あまりにも簡単に悪用できる事実に、衝撃を受けました。子供たちは危うい綱渡りを楽しむように、コミュニティサイトでの交流に夢中になっています。

今回は、子供をケータイサイトの脅威から守るためにできること、「ペアレンタルコントロール」について、ご紹介したいと思います。

2011年1月27日(木)

カテゴリー: インタビュー・座談会

大人の知らない最新ケータイ事情<その1>~健全コミュニティサイトに広がる闇~

セコムの舟生です。

大人の知らない最新ケータイ事情みなさんのご家庭では、お子さんに携帯電話を持たせていますか?

...今から3年前、同じ問いかけから始まる記事を書きました。ケータイ有害サイトの脅威についての話でしたが、いまでもアクセス数が多く、子供の携帯電話利用への関心の高さが伺えます。

子供の携帯電話の利用がどんどん広がる一方で、ケータイサイトを通じて犯罪に巻き込まれる事件が後を絶ちません。ものすごいスピードで進化し続ける子供のケータイ事情を多くの大人が把握し切れていないというのが現状なのではないでしょうか。

子供たちは、いまケータイでどんな遊びをしているのか。

今回は、3年前にインタビューさせていただいた下田博次氏に、子供の携帯電話・インターネット利用問題について再度、インタビュー。実情を伺いました。

下田氏は、群馬大学社会情報学部 大学院の教授を退官後、引き続き子供のケータイ利用問題解決のための講演や執筆活動に力を注いでいらっしゃいます。現在はNPO青少年メディア研究協会の理事長であり、この問題に関する情報提供を目的としたポータルサイト・ねちずん村の村長さんでもあります。

2011年1月20日(木)

カテゴリー: インタビュー・座談会

グラッと揺れたそのときは...?阪神・淡路大震災に学ぶこと

セコムの舟生です。

今から16年前の今日。兵庫県南部に、戦後最大の都市直下型地震が起きました。阪神・淡路大震災です。崩れ落ちたビルや高速道路、火災や倒壊した家屋の映像が、今も生々しく心に刻まれている方も多いと思います。

6400人を越える尊い命が失われ、4万人以上の方がケガを負い、10万戸あまりの家屋が全壊。街に、そして人々の心に、すさまじい傷跡を残したこの大震災で、私たちも防災対策や危機管理意識の大切さを学びました。

たくさんの犠牲を無駄にしないためにも、ここから得た教訓を今後に活かしていかなくてはなりません。そこで今回は、いざというときどうすれば命を守れるか、大震災に備えた対策をお話したいと思います。

2011年1月17日(月)

カテゴリー: 災害対策

一年の計は元旦にあり!今年の"安全"見通しを立てましょう

新年あけましておめでとうございます。
セコムの舟生です。

楽しいお正月を過ごされましたでしょうか。おかげさまで、このブログも無事2011年の幕開けを迎えることができました。今年も、子供の安全と安心に役立つ情報を、誠心誠意お届けしたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

さて、ここ数年は、前年に発表された「今年の漢字」に触れるのがこのブログの恒例(^^)

2010年の漢字は「」でしたね。過去にないほどの猛暑に見舞われ、熱中症になる人が続出したことなどが理由に挙げられました。子供の安全を考えるうえでも、季節によってどのようなリスクがあるのかを知ることはとても大切なことです。

そこで今回は、今年一年の"安全"の見通しを立ててみることにしましょう。いつ、どんなことに気をつけたらよいかを知っておくことは、大切なお子さんを守るための盾になるはずです!

2011年1月11日(火)

カテゴリー: 事故防止

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索