防犯の基本「戸締り」と、子供に家の鍵を持たせるときの注意点

セコムの舟生です。

みなさんのご家庭では、お子さんにお留守番をさせることはありますか?長時間の留守番ではなくても、回覧板の受け渡しやゴミ出しの時など、「ほんのちょっとの間だけ留守番していてね!」なんて程度なら、どこのご家庭でもありそうですね。

また小学生にもなると、必要に応じてお子さんにご自宅の鍵を持たせるご家庭も多いと思います。そこで今回は、戸締りと子供に家の鍵を持たせるときの注意点についてお話しします。防犯の基本である戸締りについて、親子で一緒に学びましょう。

2009年11月26日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

「子ども110番の家」について、もっとよく知りたい!

セコムの舟生です。

いよいよ紅葉シーズン!色づいた街路樹を眺めながらの散策は気持ちがいいですね。休日には、お子さんと一緒に散歩をしてみてはいかがですか?特に平日は仕事で忙しいお父さんやお母さんには、"親子でお散歩"はおすすめですよ。学校での出来事、今流行っている遊び、仲のよい友達のこと、インフルエンザの話題など日常の話題をいっぱい話してみましょう。

会話からお子さんの悩みや不安に気づけるかもしれません。短くてもいいと思います。ぜひ、お子さんとリラックスして話ができる時間をつくってみてください。

街を歩いていると、あちらこちらで「子ども110番の家」のステッカーやプレートを見かけるようになりました。個人宅だけでなく、スーパーやコンビニエンスストア、ファーストフード店、ガソリンスタンドなど、街ぐるみ地域ぐるみで子供を見守ろうとする動きは着実に広まっているようです。子供を持つ家庭にはとてもありがたいこと。せっかく地域のみなさんが取り組んでくださっているのですから、いざというときには、ぜひ力をお借りしたいですね。

今回は、「子ども110番の家」についてお話をします。

2009年11月20日(金)

カテゴリー: 子どもの防犯

新型インフルエンザ 予防接種について知っておきたいこと

セコムの舟生です。

カップ型マスク(子供用)新型インフルエンザが各地で大流行しています。11月11日、厚生労働省は新型インフルエンザ感染による入院患者が7月28日に集計を始めてから累計で6,300人(11月10日時点)を超えたことを発表しました。そのうち84%は14歳未満の子供が占めています。また、国立感染症研究所は7月からの累積患者数が738万人に達するとの推計を11日に発表しました。私の子供が通う小学校でも、半数以上のクラスが学級閉鎖になりました。お子さんが通っている学校では流行していませんか?

今回は、順次開始されている新型インフルエンザワクチンの予防接種を中心に、改めて新型インフルエンザの予防についてお話します。

2009年11月17日(火)

カテゴリー: 災害対策

子供を外で遊ばせるときは友達と一緒に

セコムの舟生です。

子供は遊びのなかでさまざまな大切なことを学びます。今まで「できない」と思っていた鉄棒やうんていなどの遊具を、公園で友達や親に励まされてチャレンジする意欲と勇気が芽生えたり、できたことを褒められて自信をつけたりします。また、外遊びで自然と触れ合うことで、生き物に興味をもち、慈しむ心が育ちます。季節的には寒くなってきましたが、「遊びは子供の仕事」とよくいいます。子供の健全な成長のためにも、のびのびと遊ばせてあげたいものですね。

しかし昨今のように、「偶然、目に留まったから」「そばを通ったから」という理由にもならない理由でわいせつ目的や愉快犯的な犯罪が行われ、子供が被害者となってしまう事件が目立つなか、かつて私たちが子供の頃のように、子供に「外であそんでいらっしゃい」「暗くなったら帰ってくるのよ」と気軽に言えない時代となってしまいました。のびのび育てたいけれど、防犯面が心配という保護者の方も多いでしょう。防犯の基本は子供を一人にしないことです。そこで今回は、外では子供を集団で遊ばせることの大切さについて、改めてお話します。

2009年11月13日(金)

カテゴリー: 子どもの防犯

もうすぐ「秋の全国火災予防週間」 !火の怖さについて子供と一緒に考えよう

セコムの舟生です。

11月9日は「119番の日」です。この日は、国民の消防全般に対する正しい理解と認識を深め、住民の防災意識の高揚を図ることを目的として、消防庁によって制定されました。また、この日から1週間、全国の消防署では秋の全国火災予防運動が行われます。空気が乾燥するこの時期、火の取り扱いにはとくに注意が必要です。コンロの火からは目を離さない、ストーブの周囲には燃えやすいものを置かないよう気をつけるなど、十分注意してください。

そこで今回は、火事を未然に防ぐために知っておきたいことについてお話します。11月3日、名古屋市で10歳の男の子の放火によるお寺の全焼火災があったばかりです。これを機会に火の怖さや火災について、家族で話題にしてみてはいかがでしょうか。

2009年11月 4日(水)

カテゴリー: 災害対策

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索