セコムセレクションとは?

セコムセレクションセコムでは、「あらゆる不安のない社会」を目指して、さまざまなセキュリティサービスをご提供していますが、今の時代を反映して、世の中にはたくさんの"防犯・防災"グッズが販売されています。

さまざまなグッズがありすぎて、何を用意したらいいのか迷ってしまうという方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか? 子供の防犯というテーマだけでグッズを探しても、本当にたくさんの種類がありますから、迷われるのも無理はないと思います。

このブログに寄せられている"みなさんからの声"にも「どのような防犯グッズを持たせるべきか」というお悩みが多く見受けられます。

2006年6月27日(火)

カテゴリー: お知らせ

みなさんの「声」をご紹介します Part5

こんにちは、舟生です。

大人の注意ポイントご意見・ご感想募集の専用フォームには、みなさんからの貴重なを毎回たくさんお寄せいただいています。
たくさんのを本当にありがとうございます。(^◇^)/

その中には、親だからこそ感じる子供の防犯への不安についてのご意見も、毎回必ず含まれています。

今回は"親が感じる不安"についてピックアップしていきます。みなさんはどのような点に、不安を感じているのでしょうか?

2006年6月20日(火)

カテゴリー: ママの声

事前に備える ~塾や習いごとの行き帰り~

セコムの舟生です。

大人の注意ポイント前回は、"学習塾に通う子どもの安全対策推進委員会"の委員をしているセコム株式会社 IS研究所の甘利氏が、『学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン』について紹介してくれました。

『学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン』には、「通塾時における安全確保」「学習塾教職員の資質の向上」「安全を重視した学習環境の整備」という学習塾事業者などが守るべき基本的方針が提示されていました。
 
お子さんを塾に通わせている保護者にとっては、すべて気になる点ではあると思いますが、そのなかで最も保護者が心配している点は、「通塾時における安全確保」ではないでしょうか?

2006年6月15日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

ご存じですか?  『学習塾に通う子どもの安全確保ガイドライン』

セコムの舟生です。

大人の注意ポイントいきなりですが、実は子供が命を落とす要因の第1位は圧倒的に「不慮の事故」だということをご存じでしょうか? このブログを読んでいただいているみなさんのなかにも、お子さんの事故に関してヒヤリとした経験をお持ちの方は多いと思います。

先日、産官学が協働して、この子供の事故をデザインの観点から減らしていこうという取り組みであるキッズデザイン協議会が発足しました。

私もそのメンバーの一員として子供の事故防止について積極的に取り組んでいきます。

このブログは「子供の防犯」ということで開始しましたが、今後はもっと視野を広げた「子供の安全」に関してもさまざまな取り組みをご紹介していきたいと思っています。

さて、6月になり、ずいぶん日が長くなりましたね。東京では午後7時頃でも、まだまだ薄明るくて"夕暮れ"といった感じです。

「まだ明るいから...」

...お子さんの帰宅時間が遅くなってはいませんか?

夏に向かって、ひったくりや路上強盗、痴漢や女性・子供を狙った公然わいせつなど、路上での犯罪が増えてきます。もう一度「学校から家まで」「塾から家まで」の子供がよく利用する道路を、親子で点検してみてはいかがでしょうか?

以前にもご紹介したように、親子でのお散歩は、なかなか楽しいものです。

それでは今回は、「学習塾に通う子供の安全」について、ゲストも交えてお話したいと思います。

2006年6月13日(火)

カテゴリー: お知らせ

子供たちを見守る地域の目

セコムの舟生です。

大人の注意ポイント先日、小学校低学年くらいの子供たちの集団とすれ違ったとき、なんと白いおばけのスーのCMソング」を、みんなで歌っていたんです。

子供は夕暮れすぎまでー、自分の時間を持ちたぁ~い♪

ちょっと恥ずかしかったけど...とっても嬉しかったです。O(≧▽≦)O

私が子供の頃は、学校から帰ったらすぐにランドセルを放り出して、暗くなるまで外で友達と遊んでいたものです。それが今では、子供が外で遊ぶことに不安を感じるような社会になってしまいました。子供を持つ親として、これは本当に寂しいことだと思います。

子供たちには、できれば元気に外で"鬼ごっこ"や"かくれんぼ"、"缶蹴り"などをして思いっきり遊んでほしいものですよね。

2006年6月 8日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索