[緊急提言]神戸小1女児に何が起きたのか。幼い子を狙う犯罪が増加、対策は?

セコムの舟生です。

防犯の基本は「ひとりにならないこと」ですが、子どもの生活圏にある「危険な場所」「安全な場所」を確認しておくことが防犯につながります。神戸市長田区で、今月11日から行方がわからなくなっていた小1女児が遺体となって発見されました。あまりの痛ましさに、子を持つ親のひとりとして、犯人への強い憤りを感じずにはいられません。

今年1月には、北海道で小3女児が警察官を語る男に連れ去られ、1週間にわたって監禁される事件が発生。また2月には、神奈川県で犬の散歩中の小5女児が誘拐、監禁される事件も起きています。夏休み直前の7月には、岡山県で小5女児が車で強引に連れ去られ、行方不明になる事件がありました。

平成26年度の警察白書によれば、平成25年度に13歳未満の子どもが被害者となった犯罪件数は2万6,939件で、前年より1,327件増えています
平成16年以降減少傾向にあったものの、昨年から一転、増加に転じました。

今回は緊急提言として、神戸の事件を振り返りながら、子どもを狙う犯行から身を守る方法、危険に巻き込まれないための防犯対策をまとめます。

2014年9月29日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

ウチの子は大丈夫?「ながら歩き」「歩きスマホ」の危険

セコムの舟生です。

スマートフォンや携帯電話などの操作は、周囲の安全を確認してからおこないましょう。「ながら歩き」に危険がたくさんあります。歩行中にスマートフォンや携帯電話を操作することの危険性が問題になっていますね。

2013年5月には、携帯電話を操作しながら駅のホームを歩いていた小学生の男の子が誤ってホーム下に転落する事故がありました。

スマホや携帯電話の操作に限らず、何か別のことに気を取られながら歩いたり、自転車に乗ったりすれば事故になりかねません。

子どもの場合は、大人よりも視野が狭いうえ、何かに熱中すると周りが見えなくなる傾向があるので、大人よりもさらに危険。

今回は、子どもの「ながら歩き」の危険を考えます

2014年9月25日(木)

カテゴリー: 事故防止

4コマ漫画「ココタウンのゆかいな仲間たち」歩きスマホ

ココタウンのゆかいな仲間達 ココタウンのゆかいな仲間達
ココタウンという街で暮らす、元気いっぱいの小学2年生「マモル君」と「ミライちゃん」そしてその家族や友だち。彼らのゆかいな日常を、一緒にのぞいてみませんか…?

2014年9月24日(水)

カテゴリー: 4コマ漫画

4コマ漫画「ココタウンのゆかいな仲間たち」自転車スマホ

ココタウンのゆかいな仲間達 ココタウンのゆかいな仲間達
ココタウンという街で暮らす、元気いっぱいの小学2年生「マモル君」と「ミライちゃん」そしてその家族や友だち。彼らのゆかいな日常を、一緒にのぞいてみませんか…?

2014年9月24日(水)

カテゴリー: 4コマ漫画

[ヒヤリハットを見過ごすな]チャイルドシートを着用しても命の危険が!?

セコムの舟生です。

生活の中に潜む「危険の芽」。ヒヤリハットを注意深く見て、子どもを大きな事故から守りましょう。実際に起きた「不慮の事故」に注目し、子どもたちの身近にある、見過ごされがちな「危険の芽」を早期に発見し、子どもの安全に役立てるための新シリーズ・[ヒヤリハットを見過ごすな]

ちょっと目を離したすきに。
短時間だからと油断したら。
いつもはこんなことしないのに。

このような言葉で語られることが多い、不慮の事故

事故が起きた状況を詳しく知り、危険認識と予防意識を持つことができれば、「思いがけない事故」ではなく「回避できる事故」になるはずです。

ぜひ多くの保護者の方に情報を共有していただき、不慮の事故からお子さんを守っていただきたいと思います。

今回は、シリーズ・[ヒヤリハットを見過ごすな]の初回として、車の「チャイルドシート」に潜むヒヤリハットを取り上げます。

「チャイルドシートを着用していても、命に危険が及ぶ可能性がある」ということを認識するところから、お話をはじめましょう。

2014年9月22日(月)

カテゴリー: 事故防止

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索