子どもの安全NEWS

一覧


自転車の小3男児が車にはねられ死亡

2014年7月23日(水)

7月17日午後5時すぎ、三重県伊賀市で、自転車に乗っていた小3男児が乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡しました。現場は線路沿いの市道で、信号がない交差点でした。子どもが乗る自転車と車の接触事故が多発しており、交差点付近や道路横断時の事故が特に多くなっています。一時停止や前後左右の安全確認など、あらためてお子さんに徹底しましょう。

小6男児がミニバイクにひかれて重傷

2014年7月23日(水)

7月15日、福島県須賀川市で、市道を横断していた小6男児がミニバイクにはねられ、鎖骨骨折の重傷を負いました。事故現場は信号機や横断歩道がなく、見通しのいい片側1車線道路。バイクや車は、遠くにいるように見えてもすぐに迫ってくるので、無理な横断は禁物です。また、運転者から目立つよう、手を上げたり視認性の高い服装を身につけたりしましょう。

2014年版夏休み特集 夏休みだからこそ気をつけたい子どもの防犯・安全について更新中!

待ちに待った夏休み。
子どもにとっては、とてもたのしい時間です。
しかし、学校から離れ、自由になる時間が増える夏休みには注意しておきたいポイントがたくさんあります。
夏休みだからこそ気をつけたい子どもの防犯・安全のポイントを集めました。
ぜひ親子で一緒にご覧ください。

2014年7月22日(火)

カテゴリー: お役立ちリンク集

ココタウンのゆかいな仲間達
ココタウンという街で暮らす、元気いっぱいの小学2年生「マモル君」と「ミライちゃん」そしてその家族や友だち。彼らのゆかいな日常を、一緒にのぞいてみませんか…?

2014年7月22日(火)

カテゴリー: 4コマ漫画

セコムの舟生です。

車からの「声かけ」に注意しましょう夏休み中の事故や犯罪から子どもを守る安全対策をお伝えしている「夏休み特集」。

1回目は、子どもと旅行に行く際の注意点をお伝えしました。

2回目の今回は、屋外で遊ぶときに特に注意したい犯罪、「車からの声かけ」がテーマです。

最近のニュースでも、車から子どもに声をかける事案が多く見受けられます。
6月には、千葉県で女子中学生が軽自動車に押し込まれ、手足をテープで縛られ連れ去られそうになった事件が起きました。車から「何年生?」と声をかけられ、立ち止まったところを車に押し込まれるという、強引な手口でした。

この事件の場合は、たまたま通りかかった人に助けてもらうことができましたが、無理やり車に引っ張りこまれたり、車で連れ回されたりする事件は全国各地で起きています。

子どもが屋外で遊ぶ時間が増える夏休みを狙って、同様の犯罪が増える可能性もあります。
車から声をかけられた場合の対応策をおさらいしておきましょう。

2014年7月17日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

セコムの舟生です。

2014年版「夏休み特集」今回から、夏休みの子どもの安全・安心をテーマにした「夏休み特集」をスタートします。
1回目は、「子どもと旅行を楽しむための安全対策」です。

夏休みは、家族で旅行するご家族や、遠方に帰省するご家族も多いと思います。
お子さんは今からワクワク、楽しみにしていることでしょう。

旅の高揚感は、子どもにとっても大人にとっても特別なもの。
気持ちが舞いあがって状況判断を誤ると、思わぬトラブルにつながることがあります。
トラブルが起きやすいポイントを把握しておけば、旅先でもゆとりをもって行動できます。

今回は、旅行や帰省のときに特に注意したいポイントをピックアップしました。
海外渡航先で子どもの安全を守るための対策などもあわせてお届けします。

2014年7月14日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

セコムの舟生です。

特別警報が発表された台風8号。

台風の進路となった沖縄地方では、冠水や浸水、土砂災害のほか、建物の倒壊など、非常に大きな被害が出ています。これからの進路にあたる地域では、十分に注意してください。

また台風から離れた地域でも、土石流をはじめとした被害が広がっています。これからも激しい雨が予想されていますので、最新の気象情報に注意をはらい、身の安全を守るようにしてください。

さて、今回のテーマは、「自転車での外出」。
夏休みを迎えれば、自転車での外出が増えることでしょう。

小学生の交通人身事故は、およそ6割が自転車乗車中に起きています
歩行中よりも事故が多いのです。

あらためて自転車の安全ルールや、事故防止のポイントをおさらいしてください。

2014年7月10日(木)

カテゴリー: 事故防止

防犯ブザー選び方と使い方[3つのポイント]

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー