ココタウンのゆかいな仲間たち 4コマ漫画公開中!

子どもの安全NEWS

一覧


自転車の小2男児がダンプカーにひかれて死亡

2015年4月17日(金)

4月9日、埼玉県東松山市の交差点で、自転車に乗った小2男児が左折する大型ダンプカーにはねられ死亡する事故がありました。姉・祖母に続いて横断しようとし事故が発生。運転者は「3台目の自転車がいることに気付かなかった」と供述。大型車は死角が多く、左折してくる場合は特に注意が必要です。左折中は近づかないよう、横断よりも安全確保を優先しましょう。

自転車の6歳男児がトラックにぶつかり重体

2015年4月16日(木)

4月8日、熊本県熊本市で、自転車に乗った6歳男児がトラックにはねられ、意識不明の重体になりました。男児は自宅アパートの敷地から自転車で飛び出したところで、直進していたトラックにぶつかり、はね飛ばされた模様。自転車の飛び出し事故が多発しています。施設や公園などの敷地から道路に出る際は、必ず停止して左右の安全を確認するよう徹底しましょう。

キックスケーターの小3男児が車にひかれて死亡

2015年4月15日(水)

4月6日、福岡県福岡市の交差点で、キックスケーターに乗った小3男児がワゴン車にひかれ死亡。男児が交差点を右折しようとしたところ、直進してきた車にひかれた模様。車輪つきの乗用玩具は、公道で乗ると危険な場合があります。安全に乗れる場所を確認して事故を防ぎましょう。交差点や横断歩道では一時停止を徹底するよう、日ごろから言い聞かせてください。

1歳女児が自宅前で車にはねられ死亡

2015年4月14日(火)

4月5日、北海道旭川市で、1歳女児が父親の運転する車にひかれ死亡。家族で外出するため自宅敷地から車を出そうとしたところで事故が発生。女児がいることに気づかず、誤ってはねたと見られています。車の駐車時や発進時に、幼児が巻き込まれる事故が多発しています。子どもが運転者の死角に入りやすいことに留意し、発進時は車の周囲を十分に確認しましょう。

4歳女児が階段鉄柵の隙間から転落死

2015年4月13日(月)

4月4日、東京都世田谷区のマンションで、4歳女児が10階付近から転落して死亡。女児は母親と外出するため、先に部屋を出た直後に行方不明になり、非常階段の手すりの鉄柵(さく)の隙間から、誤って転落したと見られています。集合住宅やマンションでは、通路や階段でも転落の恐れがあります。子どもから目を離さないようにし、できるだけ一緒に行動するようにしましょう。

2015年版小学校入学準備特集 新1年生の防犯・安全について更新中!

セコムの舟生です。

外見だけで「怪しい人」を判断することはできません。防犯の基本である「ひとりにならない」を徹底することが大切です。子どもの安全を考えるうえで気がかりなことはたくさんあります。
昨年は、小学生の児童を狙った誘拐・監禁事件や、車での連れ回しなどが多発しました。

統計でも、子どもが被害者となる凶悪事件が増えていることが数字として表れており、子どもの防犯対策がいっそう必要なことがうかがえます。

犯行をもくろむ者は、いつ、どこで、子どもを狙い定めるのでしょうか?

狙われないためには、安全・防犯に対する正しい知識を持ち、常に意識しながら行動することが大事です。

誘拐・監禁・連れ回しといった犯行が発生しやすい状況を知り、回避方法を考えてみましょう

2015年4月16日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

ココタウンのゆかいな仲間達
ココタウンという街で暮らす、元気いっぱいの小学2年生「マモル君」と「ミライちゃん」そしてその家族や友だち。彼らのゆかいな日常を、一緒にのぞいてみませんか…?

2015年4月14日(火)

カテゴリー: 4コマ漫画

セコムの舟生です。

素早く鍵をあけ、施錠を忘れずに。進級直後はいろいろな変化があるものですが、少しは慣れてきましたか。
今学年になってから、放課後に留守番をするようになったお子さんもいると思います。

「誰がきてもドアをあけないように」
「火には気をつけて」

留守番時の注意点をお子さんに伝えていると思いますが、留守番に欠かせない重要なことをお忘れではないでしょうか?

それは鍵。
子どもに鍵を持たせるにあたって、注意や工夫をしていますか?

今回は、留守番と切っても切り離せない「鍵」をテーマに持たせ方などのポイントをまとめます。

2015年4月13日(月)

カテゴリー: 留守番

セコムの舟生です。

服装がきっかけで犯罪被害にあう可能性があります。子どもに相応しい服装を心がけてください。すっかり春らしく、気持ちのいい季節になりました。

「暑いからシャツを脱ぎたい」
「ショートパンツやスカートがはきたい」

晴れた日には気温も上がり、薄着になることが多くなりますね。
半袖や半ズボンを着る機会が増えるのは、ごく自然なこと。

とはいえ、ひと目をひく服装には注意が必要です。

服装がきっかけで不審者の関心をひいてしまったり、盗撮されたり、児童ポルノの被害にあったりするケースがあります。

今回は、子どもをめぐる性犯罪被害の現状と、服装の対策について考えてみましょう

2015年4月 9日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

セコムの舟生です。

子どもの変化に気づけるよう、親子のコミュニケーションを密に取りましょう。いよいよ新しい学年のはじまりですね。
入学を迎えた新1年生のみなさん、おめでとうございます!

新しい教室、新しい先生、新しい友だち。
進学・進級直後は、これまでと環境が異なることもあり、子どもにとっては戸惑いの多いときです。
新しい環境に早くなじもうと、精神的に疲れてしまった経験は、大人でもあるのではないでしょうか。
子どもも知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまうことが考えられます。

お子さんとコミュニケーションが取れていますか?
お子さんのちょっとした変化を見逃していませんか?

この時期は、特に親御さんのフォローがお子さんの大きな助けになります
大きなトラブルに発展する前に対処するためにも、気をつけて見守るようにしたいものですね。

今回は、進学・進級で戸惑うことが多いこの時期だからこそ、特に注意したい子どもの変化や、コミュニケーションの取り方ついて考えてみましょう。

2015年4月 6日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

防犯ブザー選び方と使い方[3つのポイント]

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー