ココタウンのゆかいな仲間たち 4コマ漫画公開中!

子どもの安全NEWS

一覧


各地で気温上昇、熱中症で小1男児ら搬送

2015年5月22日(金)

5月14日、東京都三鷹市で小1男児2人が熱中症で病院に運ばれました。この日は30度を超える真夏日で、男児たちは遠足で市内の公園に出かけた帰りに、頭痛など熱中症の症状を発症しました。気温が急激に上昇した日は、熱中症に注意が必要です。こまめな水分補給を心がけ、屋外で遊ぶときは帽子をかぶる、日陰で定期的に休息するなどして熱中症を予防しましょう。

小学生女児にわいせつ行為の男を逮捕

2015年5月21日(木)

5月14日、奈良県生駒市で、小学生女児にわいせつな行為を行った30代男が逮捕されました。男は路上を歩いていた女児の後ろから近づき、殴るなどした疑い。路上では、近づいてくる物音や、気配にも注意が必要です。やむを得ずひとりになってしまったときは、周囲に目を配り、ときどき後ろを振り返る、防犯ブザーを手に持つなどして、警戒しながら歩きましょう。

下校中の小1女児に暴行した男を逮捕

2015年5月20日(水)

5月12日、千葉中央署は小1女児への暴行容疑で20代男を逮捕。今年1月、ひとりで下校中の女児の後ろから近づき、ランドセルをつかんで倒し、口をふさぐなどした疑い。女児は抵抗し無事でした。男は「女児の体に触ろうとした」と供述。登下校時はひとりにならないようにし、危険を感じたら防犯ブザーを鳴らしたり、大声を出したりして周囲に知らせるよう徹底しましょう。

小1男児がマンションで転落死

2015年5月19日(火)

5月11日、福岡県北九州市で、マンションの屋上から転落したとみられる小3男児が死亡しました。男児は同マンション内の自宅玄関付近で遊んでいましたが、何らかの理由で屋上に上がり、誤って転落した模様。男児は以前も屋上に出入りしていたということです。子どもにとって危険な場所を普段から把握し、近づかないよう言い聞かせるとともに、事故防止対策を検討しましょう。

3歳男児が線路内に立ち入り列車に影響

2015年5月18日(月)

5月10日、北海道で3歳男児が線路に立ち入り、列車に遅れが生じるなどの影響が出ました。男児は現場近くに住んでいて、保護者が目を離した隙に線路内に侵入したと見られています。幼児は危険の認識が不十分なため、思いがけない行動をとって事故にあうことがあります。子どもが興味を示すものがある場所では特に行動に注意を払い、事故から守りましょう。

このブログが本になりました!抽選で50名様にプレゼント!!

セコムの舟生です。

「地域安全マップコンテスト」も8回を迎え、優秀作品を選ぶ議論も白熱。今回は4名で選考しました。スクールユニホームの総合メーカーであるオゴー産業株式会社が主催する「全国地域安全マップコンテスト」。
8回目を迎え、参加者数・応募点数ともに過去最多の作品が集まりました!

選考会には、子どもの危険回避研究所の横矢真理所長とともに私も審査員として参加。
各賞の選考をおこないました。

今回はその審査の模様をお伝えするとともに、優秀作品を手がかりに「優れた地域安全マップのつくり方」のポイントをご紹介します。

受賞作品には、安全マップをより良くするヒントが満載。
ぜひ最後までご覧ください(^^)/

2015年5月21日(木)

カテゴリー: 通学・通塾

セコムの舟生です。

コミュニティサイトに起因する性犯罪などの犯罪被害が多発しています。子どもとインターネットとのかかわり方について家族で話し合いましょう。子どもの安全NEWS」でもたびたび取り上げていますが、SNSやゲームの交流サイトといった「コミュニティサイト」を通じて、子どもが児童ポルノや強制わいせつなどの犯罪に巻き込まれるケースが多発しています。

その数は年々増加の一途をたどっており、ごく普通の小学生でも巻き込まれる可能性がある、身近な犯罪になりつつあるようです。

なぜ子どもは、コミュニティサイトから犯罪に巻き込まれるのでしょうか?
どうすればわが子を守ることができるのでしょうか?

今回は、警察庁が発表した最新資料をもとに、子どもの犯罪被害の実態と対策をまとめます。

保護者の関わり方が非常に大きく影響しますので、携帯電話やスマートフォンなど、インターネット端末の使わせ方を見直すきっかけにしていただきたいと思います。

2015年5月18日(月)

カテゴリー: 携帯電話・インターネット

返答に困るような質問には、きっぱり「NO!」という意思表示が大切です。セコムの舟生です。

地域で発生した犯罪情報をいち早く知らせる防犯メール
中でも特に目立つのが、子どもへの声かけ事案です。

知らない人から声をかけられたときの対応は、学校でもご家庭でも教えていると思います。
しかし、実際の声かけは実に巧妙。子どもが判断に困ることが多いようです。

今回は、知らない人から声をかけられたらどうしたらいいかをおさらいします。
お子さんが迷わず対応できるよう、再確認してくださいね。

2015年5月14日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

ココタウンのゆかいな仲間達
ココタウンという街で暮らす、元気いっぱいの小学2年生「マモル君」と「ミライちゃん」そしてその家族や友だち。彼らのゆかいな日常を、一緒にのぞいてみませんか…?

2015年5月12日(火)

カテゴリー: 4コマ漫画

セコムの舟生です。

スマホを持つということは、見知らぬ第三者との接触を意味しています。進級から1カ月あまり。
クラス替えで交友関係が変わったお子さんも多いのではないでしょうか。

子どもが成長するにつれ、「携帯電話をいつから持たせるか」で悩む親御さんも多いと思います。
最近はスマートフォンの普及が著しく、小学生でも「スマホがほしい」というお子さんが増えてきているようです。

お子さんから「スマホがほしい」と言われたとき、どのように答えますか?
子どもがスマホを持つということに、どのように向き合いますか?

「スマホを持たせたくないけれど、その理由を子どもにきちんと説明できない」という方や、「周りの子がスマホを持っているから、うちの子も持たせようかな?」と考えている方は、ぜひ今回の記事を見ていただきたいと思います。

今回は、子どもがスマホを持つことのリスクや、安全な使い方についてまとめます。

2015年5月11日(月)

カテゴリー: 携帯電話・インターネット

防犯ブザー選び方と使い方[3つのポイント]

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー