ココタウンのゆかいな仲間たち 4コマ漫画公開中!

子どもの安全NEWS

一覧


下校中の6歳男児が横断歩道でひかれる

2014年10月24日(金)

10月17日、東京都稲城市で、下校中の6歳男児が乗用車と衝突し、頭部打撲で意識不明の重体となりました。事故現場は信号機のない横断歩道で、見通しが悪く、双方の安全確認に怠りがあったと見られています。信号機のない場所では無理な横断はせず、手をあげたり、運転者と目を合わせたりするなど、十分に安全を確保しましょう。

スズメバチに注意!児童26人が社会科見学で被害

2014年10月23日(木)

10月16日、熊本県熊本市の小学生が、社会科見学に訪れた先でキイロスズメバチと見られるハチに襲われ、26人が病院に搬送されました。現場は山間の遊歩道で、外から見えない場所に巣があり、通りかかった子どもが次々襲われました。秋はスズメバチの活動が活発になります。巣には近づかず、飛び回っているところを見かけたら静かにその場を離れましょう。

女児を狙うわいせつ犯罪が相次ぐ

2014年10月22日(水)

10月12日、大阪府警は、強制わいせつと監禁の疑いで10代男を逮捕。男はひとりで歩いていた小2女児に「ちょっとこっちにきて」と声をかけ、数分間連れ回してわいせつな行為をした疑い。また、東京都江戸川区では、公園で知り合いの小2女児の下着に手を入れるなどわいせつな行為をした30代男を逮捕。子どもがひとりにならないよう、日常を見直しましょう。

低学年女児のスカート内をのぞいた男を逮捕

2014年10月21日(火)

大阪府警は10月11日までに、低学年女児のスカートの中をのぞいた20代男を逮捕しました。男は、大阪市内の公園で、高さ1.2mのフェンス上で遊んでいた女児のスカート内をしゃがみこんでのぞいた疑い。屋外で遊ぶ際は服装に注意が必要です。子どもを狙う不審者に隙を与えないよう、外遊びに適した服装かどうか、出かける前に保護者が確認しましょう。

路上遊びは危険!小2男児3人が車にはねられる

2014年10月20日(月)

10月10日午後4時過ぎ、千葉県野田市で小2男児3人が乗用車にはねられ、重軽傷を負う事故が発生。現場は住宅街を通る市道の丁字路で、男児らは地面にしゃがみこんで遊んでいました。運転者は「見えなかった」と供述。道路を遊び場にするのは危険です。路上駐車中の車の前後も事故の恐れがあります。子どもが遊んでいたら声をかけて移動させましょう。

セコムの舟生です。

インフルエンザ対策の基本は手洗い。こまめに手を洗う習慣をつけましょう。毎年、冬になると猛威をふるうインフルエンザ。
今冬の大流行を予感させるニュースが聞かれるようになりました。

残暑が続く9月初旬、島根県の中学校で、インフルエンザの集団感染による学級閉鎖を皮切りに、千葉県の中学校、岐阜県、東京都の小学校などでも学級閉鎖があり、その後も次々と報告されています。

昨シーズンよりも早く、そして全国各地で相次いでいるインフルエンザによる学級閉鎖。
今シーズンはいっそう注意が必要かもしれません。

今回は、今シーズン(2014年冬)のインフルエンザの傾向と、感染予防の対策をまとめます。

2014年10月23日(木)

カテゴリー: 災害対策

セコムの舟生です。

転落事故を防ぐためには、子どもの足場になるようなものを排除することのほか過去に起きた事故を例に子どもと話しあうことも大切です。今回の[クローズアップNEWS]は、マンションなど、集合住宅からの「子どもの転落事故」です。

注意しなくてはならないことがわかっていても、繰り返し発生している子どもの転落事故。
このところ頻繁に子どもが命を落とした転落事故のニュースが報じられています。

転落事故の危険から遠ざけるために、保護者が押さえておくべきポイント、特に転落の危険があるマンションなどに住んでいる場合の子どもへの対応についてお話します。

2014年10月20日(月)

カテゴリー: 事故防止

セコムの舟生です。

子どもを見送る際には「わが家のルール」を確認しましょう日没が本当に早くなりました。
「秋の日はつるべ落とし」といいますが、さっきまで美しい夕焼けだった空が、あっという間に暗くなってしまうことに驚きます。

このところ、子どもを狙った不穏な事件が多く起きていますので、日没の早まりは保護者にとっては心配ごとのひとつではないでしょうか。

小学生ともなれば親の目が届かない時間も多くなるものですが、そんなときに子どもを守ってくれるのが、親子の約束ごとである「わが家のルール」

今回は、「わが家のルール」のなかでも外出時に守らせたいルールについてご紹介します。
子どもが被害にあわないようなルールづくりのポイントや、守らせるコツについて参考にしてください。

2014年10月16日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

ココタウンのゆかいな仲間達
ココタウンという街で暮らす、元気いっぱいの小学2年生「マモル君」と「ミライちゃん」そしてその家族や友だち。彼らのゆかいな日常を、一緒にのぞいてみませんか…?

2014年10月14日(火)

カテゴリー: 4コマ漫画

セコムの舟生です。

子どもの窒息事故は、日常のなかで起きます。のどに詰まるかもしれないという観点で子どもの手に触れるものをチェックしましょう。実際に起きた「不慮の事故」に注目し、子どもたちの身近にある、見過ごされがちな「危険の芽」を早期に発見するシリーズ[ヒヤリハットを見過ごすな]

前回は、チャイルドシートの着用時のヒヤリハットについてご紹介しました。

今回は、家庭内で乳幼児に多い誤飲による窒息事故を取り上げます。
以前、ブラインドひもや、コップ、ビニール袋など、思いがけないものが窒息事故の原因になることをお話しました。

窒息事故はさまざまなシチュエーションで発生していますが、なかでも最も多いのは、誤飲による窒息事故です。

おもちゃや食べ物を飲み込んで窒息に至った事故事例を調べた結果、事故の前に子どもがとった行動が見えてきました。

事故が起きた原因と対策、そして万が一事故が起きてしまったときの応急処置をご紹介します。

2014年10月 9日(木)

カテゴリー: 事故防止

防犯ブザー選び方と使い方[3つのポイント]

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー