ぼうはんクイズにちょうせん! ココタウンのゆかいな仲間たち 4コマ漫画公開中!

子どもの安全NEWS

一覧

1歳女児を誘拐した男を逮捕

2016年6月24日(金)

6月18日、愛知県警安城署は、1歳女児を連れ去り、監禁した容疑で60代男を逮捕しました。玄関先で遊んでいた女児を自宅に連れ帰った疑いが持たれています。まもなく犯行が発覚し、女児は無事保護されました。男は「かわいかったから抱っこして連れていった」と供述。たとえ自宅周辺でも、乳幼児をひとりにするのは危険です。短時間でも目を離さないようにしましょう。

自転車の小6男児がトラックにはねられ重体

2016年6月23日(木)

6月18日、福岡県福岡市で自転車の小6男児が大型車両にはねられ、意識不明の重体です。男児は友人らと歩道を走行中にバランスを崩して転倒し、車道にはみ出たところを、後ろから来たダンプカーにはねられた模様。車の往来が多い道路では、普段の走行時よりも注意が必要です。並走したり、片手運転したりしないよう教え、運転技術が未熟なお子さんには別なルートを通らせるなど工夫しましょう。

3歳男児が用水路に転落して死亡

2016年6月22日(水)

6月16日、兵庫県尼崎市で、3歳男児が用水路に転落し、死亡する事故がありました。6歳と4歳の男児3人で公園で遊んでいましたが、公園脇の水路で魚を見ようと柵をくぐり、誤って転落したと見られます。子どもは水に興味を持ちやすいため、大人の付き添いなしで水のそばで遊ぶのは危険です。行動範囲にある水辺を把握し、近づかないよう注意を促しましょう。

入浴中の小6女児を盗撮した男を逮捕

2016年6月21日(火)

6月16日、京都府警は、小6女児を盗撮した容疑で40代男を逮捕しました。昨年10月、民家の敷地に侵入して、風呂場の窓の隙間から入浴中の女児をビデオカメラで撮影した疑い。防犯のためにも、家の周囲はなるべく死角を作らないようにしましょう。また入浴中は風呂場の窓を閉めて換気扇を使用するなど、子どもの周りが無防備にならないよう注意してください。

小3女児の下着を脱がそうとした男を逮捕

2016年6月20日(月)

6月16日、警視庁日野署は、小3女児への強制わいせつ行為の容疑で40代男を逮捕しました。今年5月、路上で同級生と遊んでいた女児の手首をつかみ、スカートをめくって下着をおろそうとした疑い。女児が抵抗したため容疑者は逃走しました。体や服をつかむなど強の引な行為には、大声を出すのが効果的です。大きな声ではっきり「助けて!」という練習をしましょう。

最近のニュースをカテゴリから探す
最近のニュースをカテゴリから探す

セコムの舟生です。

お子さんひとりで留守番していることを知られるのは危険です。鍵は他人に見せない、帰宅時に「ただいま」と言うなどの工夫をして、施錠を忘れずにしましょう。子どもの留守番」をテーマにお届けしてきた今月の[強化月間特集]。
今回は「鍵の持たせ方」を取り上げます。

留守番のリスクは、家の中だけではありません

留守番に欠かすことのできない「鍵」。
鍵を持つうえで注意すべきことがあります。

真っ先に思い浮かぶのは、鍵の紛失です。
また、鍵を持ち歩いていることが周囲に知られると、お子さんが狙われることも考えられます。

鍵の持ち方は、重要な防犯ポイントです。
防犯・安全の観点で、鍵の持たせ方や注意点を考えてみましょう。

<子どもの安全 強化月間「留守番編」バックナンバー>
・「はじめての留守番
・「保護者の留守を狙った犯罪
・「留守番中の火災を防ぐには

2016年6月23日(木)

カテゴリー: 留守番

ココタウンのゆかいな仲間達
ココタウンという街で暮らす、元気いっぱいの小学2年生「マモル君」と「ミライちゃん」そしてその家族や友だち。彼らのゆかいな日常を、一緒にのぞいてみませんか…?

2016年6月21日(火)

カテゴリー: 4コマ漫画

セコムの舟生です。

「やってはいけないこと」を事前に決め目を離さないようにしましょう。梅雨の晴れ間にのぞく太陽に夏らしさを感じる季節を迎えました。
そろそろプールの授業がはじまる小学校も多いのではないでしょうか。

夏を迎えると、学校のプール以外でも、水辺での楽しみが増えますね。
海や川など水辺のレジャーは、夏の思い出としてお子さんの心に残ることでしょう。

一方で、夏には子どもが犠牲になる水の事故がたくさん起きていることも、忘れてはなりません。

水辺でのトラブルは、ちょっとした油断や偶然が重なって発生します。
ひとたび事故が起きると命に関わることも多く、水難の約半数が死亡事故になるという統計もあります

どうすれば水難事故からお子さんの命を守れるのか、夏本番を迎える前に、水難事故防止の正しい知識と安全対策を覚えておきましょう。

2016年6月20日(月)

カテゴリー: 事故防止

セコムの舟生です。

お子さんに留守を任せるのであれば、「火の危険性」を理解させてください。毎月ひとつのテーマをクローズアップし、安全対策を深掘りする[強化月間特集]。
今月のテーマは[子どもの留守番]です。

留守番中にはさまざまな心配事がありますが今回、取り上げるのは「火災」。
普段から火の元には十分注意するよう言い聞かせていると思いますが、保護者の不在時に火災が起きるケースがこれまでに何件もありました。

逃げ遅れて命を落とすケースも多いため、子どもに留守番をさせる場合、保護者の方が火災対策をしっかり行う必要があります。

留守番中に火災が発生する原因は主に3つ。

(1)家電品などからの予期せぬ発火によるもの
(2)子ども自身の火遊びによるもの
(3)放火によるもの

子どもに「火は使っちゃダメだよ!」と注意を促すだけではなく、火災のリスクを避ける対策を行いましょう。

どうしたら留守番中の火災から、子どもを守れるのか?
留守番中の火災事故を未然に防ぐための対策を、火災の原因別にまとめます

<子どもの安全 強化月間「留守番編」バックナンバー>
・「はじめての留守番
・「保護者の留守を狙った犯罪

2016年6月16日(木)

カテゴリー: 留守番

ココタウンのゆかいな仲間達
ココタウンという街で暮らす、元気いっぱいの小学2年生「マモル君」と「ミライちゃん」そしてその家族や友だち。彼らのゆかいな日常を、一緒にのぞいてみませんか…?

2016年6月14日(火)

カテゴリー: 4コマ漫画

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー