子どもの防犯ブログ モデレータープロフィール

舟生 岳夫   舟生 岳夫(ふにゅう たけお)
  ・セコム株式会社 IS研究所
   ソーシャルアフェアーズディビジョンリスクマネジメントG 所属
  ・キッズデザイン協議会理事
  ・防犯設備士
  ・インテリアコーディネーター
昨今の悪化する治安状況を背景に、各方面に対して積極的にセキュリティコンサルティングを実施。各種防犯セミナーの講師をはじめ、学校のセキュリティポリシー策定コンサルティングなどの実績を持つ。

子どもを狙う犯罪が多発する社会状況の中で、自らも2児の父として、子どもを守るための調査・研究に日々取り組んでいる。

2006年2月にオープンした「子どもの防犯ブログ」のモデレーターとして、子どもたちが安心して、健やかに育っていくための情報を発信し続けている。


【舟生のおすすめ記事ベスト5】
セコム創立50周年記念 セコムが子どものためにできること
⇒2012年で50周年を迎えたセコム。子どもの安全や健全な育成に関わることに力を入れてきました。「ココセコム」の開発はもちろんのこと、この「子どもの防犯ブログ」をはじめ、「セコム子ども安全教室」など、子どもたちの「安全・安心」を実現するための取り組みをこれからも続けていきます!

【特集:子どものネット教育を考える [1]~[3]】
ネット教育の今<前編>
ネット教育の今<後編>
子どものメディアリテラシーを育む方法
⇒千葉大学教育学部 藤川大祐教授との対談を通じ、子どものネット教育をテーマにした3部作を連載。子どもたちを取り巻くインターネット社会の現状を把握し、子どものメディアリテラシーを考えるきっかけにしていただきたい読み応え十分な特集です。

相次ぐ交通事故。暴走車から子どもを守る方法
⇒子どもがどんなに交通ルールを守っていても、暴走車や交通違反の車が起こす事故に理不尽にも巻き込まれてしまうケースがあります。子どもを交通事故から守るためにできることをご紹介しています。

【“ココが知りたい”子どもの防犯&安全特集[5]】 心配事や実体験から子どもの実情を知る
⇒「子どもの防犯ブログ」の読者の方々からお寄せいただいたアンケートをもとに、心配事と解決のポイントをご紹介しています。子どもを持つ親同士。他のご家庭の心配事は、ご自身の心配事にも関連があるものです。ぜひ参考にしてみてください。

子どもの変化を見逃さないために
⇒子どもの防犯を考えるとき、親子のコミュニケーションは非常に重要な役割を持っています。日頃からコミュニケーションをしっかりと取っておけば、子どものちょっとした変化に気づくことができるはずです。小さな変化にこそ子どもの心配事や関心事が隠れていますので、見逃がさないようにしましょう。
 





2006年2月 7日(火)

カテゴリー: お知らせ

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索