書籍『子供の放課後を考える~諸外国との比較で見る学童保育問題~』を読んで

セコムの舟生です。

このブログでも、何度か取り上げている「放課後の安全対策」。小学生のお子さんをお持ちの、共働きのご家庭にとっては、お子さんの放課後をどうするかは切実な悩みのひとつだと思います。学童保育は、保育園より預かり時間が短いため、多くのご両親が子供の預け場所の確保に苦労なさっているようです。

また、お子さんを保育園に通わせているご家庭では、小学校に上がると同時に直面する、いわゆる「小1の壁」と呼ばれるこうした問題に不安に感じている方も少なくないと思います。この話題に関して、興味深い本があったのでご紹介させていただきます。
→池本美香 編著『子どもの放課後を考える~諸外国との比較で見る学童保育問題~』(勁草書房)

2010年10月28日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

塾や習い事の帰りに、夜道を歩くときに注意したいこと

セコムの舟生です。

今年の10月は例年より暖かい日が多いそうですが、朝晩はグッと冷え込むようになり、秋の深まりを肌で感じられるようになってきました。日没時間もずいぶん早くなっています。私も夕方、ふと会社の外を見て、「いつのまにこんなに暗くなったんだろう?」と驚くことがあります(^^;)

「秋の日はつるべ落とし」といいますね。まだ明るいと油断していると、あっという間に真っ暗になってしまいます。なるべく日のあるうちに帰宅するのが理想ですが、塾や習い事に通っているお子さんは、暗くなった道を歩かなくてはならないこともあるでしょう。

そこで今回は、「夜道を歩くときに注意したいこと」についてお話したいと思います。

2010年10月21日(木)

カテゴリー: 通学・通塾

小学生にも浸透する違法ダウンロード問題とその危険性

セコムの舟生です。

皆さんは、「マジコン」という言葉をご存じですか?「マジコン」とは、テレビゲームのゲームソフトをコピーしたり、そのコピーやイメージファイルをゲーム機で起動させるための機械のことです。

ここ数年、ゲームソフトなどを違法にダウンロードし、「マジコン」と呼ばれる機械で使用することが社会問題になっています。。小学生でさえも違法にダウンロードして遊んでいたという話題を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。文化庁は、マジコンなどによるゲームソフトの被害額を、日本国内だけでも5000億円以上と算出。この事態に歯止めをかけるため、今年に入ってから大幅な法改正が始まりました。

今回は、違法ダウンロードが子供たちに与える影響を考えてみたいと思います。

2010年10月15日(金)

カテゴリー: 携帯電話・インターネット

新型インフルエンザ、今年は?

セコムの舟生です。

今年の8月、世界保健機構(WHO)は、現在の新型インフルエンザ(A/H1N1型)の流行状況について「ポストパンデミック」に移行したという声明を発表しました。

「ポストパンデミック」とは、大きな流行が鎮静化し、患者発生が低い水準で小康状態が続く時期という意味。警戒水準フェーズ6(世界的大流行)から実に1年2カ月ぶりの移行ということで、日本でも注目されましたが、完全に流行が終息したという意味ではありません。

そのため、油断は禁物。厚生労働省では、再流行の可能性を指摘しています。日ごろから感染予防に取り組むことが必要です。そこで今回は、「今年の新型インフルエンザの傾向と対策」について、お話したいと思います。

2010年10月 8日(金)

カテゴリー: 災害対策

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索