どうなる?今年のインフルエンザ 対策はお早めに!

セコムの舟生です。

10月に入って、RSウイルスマイコプラズマ肺炎といった、あまり聞き慣れない感染症が爆発的に流行しているというニュースが報じられています。どちらも例年冬場に流行する感染症ですが、今季は3カ月ほど時期が早いそうで、なんとも不穏な感じがしますね。本格的な流行シーズンの到来が心配です。

ウイルスによる感染症は、ひとたび発生すると広がるのはあっという間。これからの季節、気になる症状が見られるときは、無理せず休ませ、早めに病院にかかることが大事です。

「風邪かな?」とのんびり様子見していると、悪化させてしまうばかりか、感染を拡大させてしまうことになるかもしれません。特に、乳幼児の場合は重症化しやすいので、早めの受診をおすすめします。

これから備えなければならない感染症といえば、「インフルエンザ」のことを忘れてはいられません。非常に感染力が強く、毎年約1,000万人、およそ10人に1人が感染しているというインフルエンザ。今年の流行状況はどうなっているのでしょうか。

今回は、今シーズンのインフルエンザの傾向と対策について、取り上げてみたいと思います。

2012年10月29日(月)

カテゴリー: 災害対策

【統計から読む】最新犯罪情勢から学ぶ子どもの防犯対策

セコムの舟生です。

さわやかで気持ちのいい季節ですが、秋冷のためか、体調を崩すお子さんも増えているようです。空気の乾燥に伴い、感染症も流行しやすくなるので、どうぞお気をつけください。
来週は「インフルエンザ特集」をお送りする予定です!

さて、去る10月2日、警察庁から2012年上半期の犯罪情勢が発表されました。
半年ごとに公表されるこの統計は、子どもを取り巻く状況や世相をいち早く読み解くのに、最適な資料だと思います。

今回は、2012年上半期の犯罪情勢をもとに、子どもの犯罪被害傾向と対策を考えてみましょう。
 

2012年10月22日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

子ども視点で考えよう。「ドアの事故」にご用心

セコムの舟生です。

日常の中で子どもがケガをする事例としてまっさきに考えられるのは、「転んだ」「ぶつけた」
それに加えてもうひとつ、「はさんだ」が挙げられるのではないでしょうか。

部屋のドアや食器棚の扉などにうっかり指をはさんだ経験は、どのお子さんも1度や2度はあることでしょう。ドアの事故は「よくあること」です。

そのため重大な危険箇所として認識されていないかもしれませんが、「はさんだ」が思わぬ大ケガになることは多々あります

今回は、家の中のドアや自動ドアなど、「ドア」の危険を考えます。
親の認識と対策で、予防できる事故のひとつですので、ぜひ最後までご覧ください。

2012年10月15日(月)

カテゴリー: 事故防止

自転車でのお出かけ前にチェック!事故にあわないために守ること

セコムの舟生です。

10月も中旬に入って、すっかり秋らしくなってきました。
もう運動会を終えたお子さんも多いのではないでしょうか。
1年で一番過ごしやすい清々しい季節。どこへともなくお出かけしたくなりますね。

今回のテーマは、行楽シーズンにちなみ「自転車」を取り上げてみたいと思います。
やわらかな秋の日差しに誘われて、ご家族でも自転車で遠出することがあるかもしれません。
安全に乗るためにどうしたらよいのか、親子で一緒におさらいしてみましょう。

2012年10月 9日(火)

カテゴリー: 事故防止

日常に潜む「あやしい」「あぶない」を見落とさない子どもを育てるために

セコムの舟生です。

先月、文部科学省、国土交通省、警察庁が主体となって行われた、全国の公立小学校の通学路約7万カ所の点検確認。子どもが事故に遭う恐れがあり、安全対策が必要とされる地点が約6万カ所にのぼりました。

道幅が狭い、見通しが悪いなどの理由で、横断歩道や信号の設置といった安全対策が求められているそうで、これほど多くの"潜在的危険"があったことに驚きが隠せません。

今回の点検は通学路に限定していますが、登下校に限らず、子どもたちの日常の行動範囲にはこうした危険がたくさん潜んでいることを、あらためて認識したいものです。

以前、「日没が早まると事故が増える」というお話をしましたが、犯罪についても同じことが言えます。

暗いということは、周りから見えにくくなるということ。子どもを狙う者が物陰に隠れることも容易になりますし、人目にもつきにくくなります。つまり、子どもに近づきやすくなるのです。

9月初旬に起きた広島県広島市での連れ去り事件は記憶に新しいところですが、習い事や塾通いをするお子さんの中には、暗くなってから帰宅するケースもあることでしょう。

この機会に、日常に潜む「あやしい」「あぶない」サインについておさらいしておきましょう。
親子でできる防犯シミュレーションもご紹介しますので、秋の夜長、お子さんとのコミュニケーション感覚でぜひトライしてみてくださいね!

2012年10月 1日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索