[緊急提言]子どもの好奇心がまねく惨事...ライター火災はなくせるか

セコムの舟生です。

3月1日(土)から3月7日(金)までは「春季全国火災予防運動」実施期間です。
冬の終わりから春にかけては、暖房器具による火災が多くなります。
ひと冬使用して、取り扱いに慣れたことによる油断も、その原因に挙げられるそうです。

この機会に、火気を取り扱う際の注意を再確認し、親子で火災予防について話し合っていただきたいと思います。

子どもの安全NEWSでも取り上げましたが、今月は、子どものちょっとした好奇心がきっかけになった火災が立て続けに起きました。

2月初旬には、大阪で、トースターに入れた積み木が原因と見られる火災で5歳の女児が死亡。
2月中旬には、千葉で、1歳から6歳までの幼いきょうだいが留守番をしていた民家で火災がおき、3歳男児が意識不明の重体になりました。

トースター火災のケースでは、普段から女児がトースターに積み木を入れて遊んでいたことがわかっています。また千葉のケースでは、日ごろ子どもたちがライターで遊ぶ姿が目撃されていたそうです。

幼い子どもが犠牲になった火災。
「どうなるだろう」「もっと見たい」という子どもの好奇心が、このような結果につながってしまったことに心が痛みます。

こうした火災は、幼いお子さんがいるご家庭ならどこでも起きる可能性があります。

今回は、大人が注意すべきポイント、子どもの火遊びによる火災を予防するためにできることをお話したいと思います。

2014年2月27日(木)

カテゴリー: 災害対策

入学直前シリーズ:入学準備の基本「持ち物」に名前を書くときのルール

セコムの舟生です。

入学準備のひとつである「持ち物への記名」。
ほとんどの小学校では、学用品をはじめ、持っていくものすべてに、名前を書くことになっていると思います。

教科書はもとより、鉛筆やノート、着ていくものにいたるまで、記名が必要なものはたくさんありますが、保護者の方にとっては、一文字一文字に愛情を込めるような気持ちかもしれませんね。

しかしながら、子どもの持ち物への「名前」の書き方には、防犯上の大事なポイントがあります。
不用意な書き方をすると、子どもが危険に巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。

お子さんの入学準備品の購入にあわせて、ぜひご一読ください。

2014年2月24日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

入学直前シリーズ:親子でやってみよう!入学までに覚える「通学路の歩き方」

セコムの舟生です。

新1年生の入学説明会で、学校側から「やっておいてください」と言われることのひとつに、通学路を歩く練習があります。

通学路を歩くときには、どんなところに危険が潜んでいるかをお子さんが判断して、回避できることが重要です。

ただ、初めて保護者から離れて歩く小さな子どもにとって、自ら考えて危険を回避するのは、非常に難しいことだと思います。

どのようなポイントに目を向け、どのように子どもに伝えたらいいのか。
「通学路の注意点」と「子どもへの教え方」をわかりやすくまとめたので、これから入学までの間、親子で通学路の歩き方を練習する際に、ぜひ参考にしてください。

2014年2月20日(木)

カテゴリー: 通学・通塾

[クローズアップNEWS]連鎖する子どもの連れ去り監禁事件...わが子を守る方法はあるか?

セコムの舟生です。

子どもの安全NEWSで取り上げたニュースにクローズアップして詳報をお伝えしている[クローズアップNEWS]。

今回クローズアップするのは、このところ頻発している「女児の連れ去り監禁事件」です。

今年1月、神奈川県相模原市で、犬の散歩に出た小5女児が行方不明になり、連れ去って監禁していた30代の男が逮捕されました。

その少しあと、北海道札幌市白石区では、小3の女児がノートを買いに行ったまま帰宅せず、女児を連れ去り監禁していた20代の男が逮捕されました。

また、昨年12月には東京都武蔵野市で、女児が「お父さんが事故にあった」と声をかけられ、車に押し込まれそうになる事案が発生しています。現場を見かけた父親に助けられなければ、同様に連れ去られていた可能性があります。

こうした犯罪は、模倣犯が現れるなどして同様の事件が続くことがあり、今後も警戒が必要です。

次なる事件が起きないとは決して言いきれない状況のなか、どうしたらわが子を卑劣な連れ去りから守ることができるのでしょうか。

事件から見えてくる共通項をもとに、安全のための対策を考えてみたいと思います。

2014年2月17日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

新4年生に立ちはだかる壁「高学年からの留守番」を考える

セコムの舟生です。

いわゆる「小4の壁」。
学童保育は3年生までというところが多く、特に共働きのご家庭では、お子さんが放課後を安全に過ごせる場所について悩まれていることと思います。

4年生への進級をきっかけに1人で留守番を任せるご家庭も多いことでしょう。

今回は、「小4の壁」にスポットをあて、4年生からの留守番と、家の中で安全に過ごすためのポイントをお話ししたいと思います。

年齢に関わりなく、留守番には危険が伴いますから、どのようなことに気をつければよいかをしっかりと教えておかなくてはなりません。リスクを減らすための準備と練習をしっかりしておきましょう。

2014年2月13日(木)

カテゴリー: 留守番

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索