PM2.5、黄砂、煙霧...大気汚染物質から子どもたちをどう守る?

セコムの舟生です。

全国的に桜の開花の便りが届いていますね。今年は各地で例年よりも早い開花だそうです。
桜の開花を聞くと、春らしい気持ちになりますね。

さて、今年に入ってから、全国広範囲にわたって微小粒子状物質「PM2.5」が観測され、話題となっています。また、3月10日には、「煙霧」という猛烈な砂ぼこりが東京を覆い、視界の見通しが悪くなる異様な天候が大きな騒動になりました。

例年、この時期の日本には、偏西風に乗って「黄砂」が飛来しますが、今年は中国の深刻な大気汚染による影響が懸念され、お子さまへの健康被害を心配なさっている方も多いのではないでしょうか。

3月から4月にかけては、気圧や気温の関係で風の強い日が多くなりますので、まだまだ油断は禁物です。大人よりも環境変化に敏感な子どもを守るために、私たち親ができることを考えてみたいと思います。

2013年3月28日(木)

カテゴリー: 災害対策

立ちはだかる小1の壁。親不在の時間をどう埋めるか?

セコムの舟生です。

春休みに入って、お子さんたちは学年最後のひとときを、それぞれ楽しんでいることと思います。
来週からはいよいよ4月!

お子さんが入学を控えたご家庭では、なんとなくソワソワした気持ちになっているかもしれませんね。

子どもの小学校入学はひときわ感慨深いものですが、入学にあたって「放課後をどうするか」という問題に直面した親御さんも多いと思います

いわゆる「小1の壁」と呼ばれる問題は、このブログで募集しているアンケートにも"不安の声"として寄せられています。

「小学校入学後のわが子のことが心配」「学童保育の時間よりも遅く仕事が終わるが、低学年から一人で留守番させられる?」などなど、共働きの方なら、同じ気持ちを抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

小学校で授業が終わってから親御さんが帰宅するまでの"空白の時間"は、非常に悩ましい問題です。そこで今回は、「小1の壁」をテーマに、子どもの放課後の安全について、考えてみたいと思います。

2013年3月25日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

【シリーズ 新1年生のための安全教室 最終回】 親子で一緒に新1年生のための「安全・防犯クイズ」にチャレンジ!

セコムの舟生です。

いよいよ3月も後半。
卒園式や卒業式を終え、あとは入学へ向けて準備を整えるばかり...というご家庭も多いかと思います。

シリーズ 新1年生のための安全教室」も今日で最終回。
1回目は、「知らない人」、2回目は「通学路の歩き方」、そして3回目は「子どもを狙った性犯罪」をテーマにお話してきました。
今回は、新入学を迎えるお子さんと保護者の方に、防犯の基礎をおさらいしていただく意味をこめて、親子で楽しめる「安全・防犯クイズ」をご用意しました!

これまでお話してきたなかで、大事なポイントを押さえることができるようになっていますので、ぜひ入学前に、お子さんと一緒にチャレンジしてみてくださいね(^^)/

2013年3月18日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

【シリーズ 新1年生のための安全教室 パート3】 男の子も被害者に!?性犯罪から身を守るために知っておきたいこと

セコムの舟生です。

2年前の今日、2011年3月11日。日本の観測史上最大の地震が発生しました。
死者は1万5000人を超え、2600人以上が今なお行方不明です。改めて亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
さらに、未曾有の被害に見舞われた被災地で、今なお31万人以上の方が避難生活を送っています。
お見舞いを申し上げるとともに、1日でも早い復旧・復興を願っています。

私たちは、東日本大震災の辛い経験を教訓にしていく必要があります。先日、「災害への備え」をテーマにご紹介しました。
子どもを抱える親として考えておきたいことをまとめていますので、ぜひ、今日この日にご一読ください


さて、今回は【新1年生のための安全教室シリーズ】の第3回をご紹介します。
これまで「知らない人」についてと、「通学路の歩き方」をテーマにして、新1年生にもわかりやすく、安全の基礎知識をお伝えしてきました

3回目となる今回は、まず保護者の方にご理解いただきたい、シビアなテーマを取り上げます。
それは、子どもが被害者となる「性犯罪」について。

考えたくないことですが、そのような犯罪は現実に起きており、わが子がターゲットにされる可能性がないとも言えません。子どもを性犯罪から守るためには、現状と事実を冷静に受け入れ、予防策を考えることが最も大事です。

お子さんの入学準備の一環として、ぜひ最後までご覧ください。

2013年3月11日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

【シリーズ 新1年生のための安全教室 パート2】 入学までに覚える「通学路の歩き方」

セコムの舟生です。

3月。
桃の節句も過ぎ、余寒も少しずつ薄れてきているようです。
卒園、卒業が近づくにつれて、だんだん春の訪れを感じられるようになりますね。

さて、今回は「新1年生のための安全教室」の2回目をお届けします。1回目では、防犯の基礎である「知らない人」について、対応方法や見分け方についてご紹介しました。

2回目の今日は、「通学路の歩き方」をご紹介します。
思い返せば昨年4月、京都府亀岡市で起きた通学路の事故から1年が経過しようとしています。通学路を暴走車が襲うという大変痛ましい事故でした。この事故をきっかけに通学路の見直しや、より安全な通学路についての議論が広がっています。子どもが安心して通学できる環境が一日も早く日本中に整備されることを願うばかりです。

さて、大人にとっては歩きなれた生活圏の道も、新1年生にとっては、初めて子どもだけで歩く道。どのような点に注意したらいいか、どんなふうに子どもに言い聞かせたらいいか、練習方法も含めてお話します

2013年3月 4日(月)

カテゴリー: 通学・通塾

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索