子どもの安全を守るために「ココセコム」だからできること

セコムの舟生です。

今日からいよいよ4月!
新年度のスタートです。まだ春休み中のお子さんが多いとは思いますが、少しずつ気持ちを新学期にシフトさせていきたいものですね。

さて先日、インターネットで知り合った男に、小学5年の女児が誘拐されるという事件が起こりました。女児は保護されましたが、子どもを狙う犯罪に憤りを覚えるとともに、子どものインターネット利用が危険と隣り合わせであることを改めて感じます。

子どもの安全対策のひとつとして、携帯電話やGPS機能がある防犯グッズを持たせたいと考える親御さんが増えています。一方で携帯電話をはじめ、位置情報を検索できるGPS端末など、たくさんの防犯グッズが発売されているため、「どれが良いのかわからない」という方も多いようです。

そこで今回は、携帯電話や、他のGPS端末にはない「ココセコム」ならではの特長をわかりやすくご紹介したいと思います。

『ココセコム』ドラえもんキャンペーン」の締め切り(4月10日まで)も目前ですので、ぜひご一読ください。


* * * * * * * * *


▼ ココセコムだけの安心 3大ポイントとは?
危険を未然に防ぐためには、子どもの居場所がわかるだけは不十分と感じている方も多いはずです。万が一のときのためのプラスαの"安心"を必要とされる方に、「ココセコム」は断然おすすめ
GPSによる位置確認サービスだけに留まらない、安全・安心のポイントをご紹介しましょう。

<「ココセコム」はココが違う!>
(1)とにかく操作が簡単!

お子さまが使いやすいデザインを追求。緊急時でも迷わない、ボタンひとつの簡単操作で、セコムに通報できます。誤操作・誤作動してしまった場合も大丈夫。オペレーターにその旨をお伝えいただければ、費用は発生しません。

(2)万が一のとき、セコムのスタッフがしっかりサポート
ご家族からの要請に応じて、セコムの緊急対処員が現場に駆けつけます。全国2,830カ所という圧倒的な拠点数を誇る、セコムならではのサービスです。事件性が高いと判断したときは、オペレーターの電話をそのまま警察におつなぎするので、迅速かつ的確な対応が可能です。

(3)機能は「防犯」に特化!
携帯電話のような有害サイトや迷惑メール、インターネット利用に関する心配がなく、小さなお子さんにも安心して持たせられます。小さくて軽量なので、所持していることを気づかれにくいのもポイント。万が一のときも、犯人を刺激することなく、お子さまの位置情報を取得したり、セコムに通報したりできます。


▼ 携帯電話ではなく「ココセコム」が選ばれる理由
「ココセコム」に通話機能はありません。それでも携帯電話ではなく「ココセコム」を選ぶ親御さんは、どのような点に注目しているのでしょうか。その理由は、「より防犯性が高い」という付加価値によるものだと思います。

たとえば...
> 「いまどこにいる?」がすぐにわかる!
携帯電話やパソコンの専用画面にアクセスすれば、簡単に位置情報を取得できます。お電話で専門オペレーターにご確認いただくことも可能です。

> 子どもの「安否確認」と「見守り」もプラス!
気軽に安否確認と位置情報の確認ができる「しらせてコール」、一定時間操作がないとセコムに自動通報する「みつめてコール」で、さらなる"安全・安心"を確保します。

> 防犯の視点で考えられた精度の高いGPS検索
防犯のプロであるセコムの提供する位置情報は、GPS衛星と携帯電話基地局を組み合わせた高度なシステム。市街地や地下でも一定レベルの精度を確保しています。


▼ 2週間以内なら無料で返品可能!リーズナブルに安心を実感
携帯電話ではなく「ココセコム」が選ばれる理由としてもうひとつ、利用コストがあります。防犯に特化した専用端末なので、加入料金や基本料金がお手ごろ。月額料金は、お客さまの位置検索の頻度に合わせて3つのプランをご用意していますので、「帰りが遅いときだけ位置検索を使いたい」「通塾時だけ利用したい」「心配なので毎日確認したい」などなど、各ご家庭の生活スタイルによってプランが選べます。

しかし、使い勝手や実用性は、実際に使ってみなければなんともいえませんよね。そこで、安心して「ココセコム」にお申し込みいただけるよう、2週間のお試し期間を設けています。お子さんになじまないようであれば2週間以内に解約をお申し出いただければ、基本料金と加入料金を返金いたします。


* * * * * * * * *


小学校入学や進級をきっかけに子どもの世界は大きく広がりますが、同時に親の心配ごとも増えます。小さなお子さんが被害者となる痛ましい事件が頻繁に起こる現代においては、できる限りの対策を講じることが必要だと思います。

お子さんの自立や成長を見守りつつ、いざというときには親御さんに代わってお子さんを守る存在でありたい...それがセコムの願いであり、「ココセコム」の役割です。





2013年4月 1日(月)

カテゴリー: 防犯グッズ

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索