連れ去り、高額請求、暴走事故...「子どもの防犯」2012年・5大トピックを振り返る

セコムの舟生です。

師走が駆け足で過ぎ去り、いよいよクリスマス当日を迎えています。
このブログをお届けするのも、2012年最後となりました。

年の瀬も迫った12月21日、厚生労働省からインフルエンザが流行期入りしたとの発表がありました。いよいよ本格的なインフルエンザシーズン到来です。

お正月の買い出しや初詣など、人の多い場所にお出かけになる時は、家族みんなでマスクを着用し、こまめに手洗いするなど、自衛策も必要です。また、体調が優れないときや疲れているときは免疫力も落ち、感染しやすくなります。免疫力の低い小さなお子さんも、注意が必要です。どうぞご自愛くださいね!

インフルエンザ予防については、こちらの記事でまとめていますのでぜひご覧ください

さて、振り返ってみると、今年もいろいろなことがありました。
子どもが犠牲になる事件や事故の件数はここ数年減少傾向にありますが、衝撃的なニュースが飛び込んでくるペースは、むしろ増えているような感覚があります。子どもを取り巻く社会構造や環境の変化は、数字だけで推し量れるものではないのかもしれませんね。

今回は、2012年の総集編として、この1年に起きた事件や事故の中で特に印象的なものを取り上げてみたいと思います。子どもの防犯・安全の専門家としての視点から、5つのトピックをセレクトしました。今年の"総まとめ"として、お子さんと一緒にご覧ください

2012年12月25日(火)

カテゴリー: 子どもの防犯

【冬休み特集 2012年】旅先に潜む危険。子どもが迷子や連れ去りにあわないために

セコムの舟生です。

冬休みが目前に迫りました。
見知らぬ人とは両手を広げた分だけ離れるのが、防犯の基本、旅行先でも基本を忘れずに徹底しましょう子どもの防犯ブログでは、前々回から【冬休み特集】をご紹介しています。1回目は「事件や事故にあわない冬休みの過ごし方」を、2回目は「冬期講習だからこそ気をつけたい通塾の注意ポイント」を取り上げました。

今度の年末年始は大型連休になる方もいて、帰省や旅行を計画しているご家庭も多いのではないでしょうか。なかには海外まで足を伸ばす方もいるかもしれませんね。

そこで、今回の冬休み特集では、子どもとの旅行で気をつけるポイントを考えます。海外旅行の注意点にも触れながらお話しますので、ご予定のある方はぜひご覧ください。

2012年12月17日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

【冬休み特集 2012年】冬期講習だからこそ気をつけたい通塾の注意ポイント

セコムの舟生です。

冬休みを目前にして、ノロウイルスなど感染性胃腸炎の流行が本格化しています。

12月4日に発表された国立感染症研究所の速報データによれば、11月25日までの1週間で患者は1施設あたり13.02人。流行のピークは 例年12月~1月にかけてですが、11月の時点ですでに去年のピークを上回っています。過去5年で最悪のペースで、全国的に大流行した平成 18年に次ぐ勢いだということです。

ご家庭で必ず行ってほしいのは、流水と石けんによる手洗いをより徹底すること。もし下痢やおう吐などの症状のある場合は、すぐに医療機関を受診すること。自宅での処理は、マスク や手袋をし、周囲を塩素系の消毒剤や家庭用の漂白剤でふき取るなどして、家族への感染予防にも配慮しましょう。

冬期講習のある冬休みは、街の様子が普段と変わります。街の変化に気を配り、通塾の安全を確保しましょう。さて、先週からスタートした【冬休み特集】
冬休み特有の注意点をまとめてご紹介しています。前回は、日没の早い今の時期に気をつけたい「事件や事故にあわないポイント」について取り上げました。

冬休みを指折り数える子どもたち。一方、仕事納めに向けて慌ただしい大人たち。
なんとなく普段と違い浮き立った気持ちになる12月ですが、犯罪や事故も多くなる時期、緊張感を持って過ごしたいものです。

日没の早さに気ぜわしさも加わる冬休み。周辺環境が変化するため、普段にも増して注意が必要です。休み中に冬期講習へ通うというお子さんも多いかと思いますが、通い慣れた塾までの道のりでも同様に注意を払いましょう。

そこで今回は、「冬休み中の塾通いで気をつけるポイント」をまとめました。
 

2012年12月10日(月)

カテゴリー: 通学・通塾

【冬休み特集 2012年】事件や事故にあわない冬休みの過ごし方

セコムの舟生です。

寒さも本格的になり、保育園や幼稚園、小学校などで、ノロウイルスをはじめとする感染性胃腸炎が早くも猛威をふるっています。

例年、12月初旬から感染者が増え始め、年末にピークを迎えますから、これからが油断大敵。感染力がきわめて強いので、ひとたび校内で発生するとあっという間に拡がってしまいます。地域や学校の感染情報にもよく注意して、流水と石けんによる手洗いをしっかりとさせましょう。

万が一、感染してしまったときには、ウイルスで汚染された嘔吐物や便の処理にも厳重な注意が必要です。

冬休みに気をつけたい注意ポイントをまとめてご紹介しますさて、12月を迎え、冬休みももう間もなくですね。

クリスマスやお正月も楽しみですが、この時期は気もゆるみがちですし、夜更かしが続いて生活リズムが乱れ、体調を崩すこともあるようです。

思わぬ事件や事故に巻き込まれるようなことがあっては、せっかくの冬休みも台無しになってしまいます。有意義な冬休みを過ごせるよう、今のうちから冬休みの計画を立てたり、目標をつくったりするといいですよ。

今回から【冬休み特集】と題して、冬休みに気をつけたいことをまとめてお届けしたいと思います。1回目の今回は、「事件や事故にあわない冬休みの過ごし方」について考えてみましょう。

2012年12月 3日(月)

カテゴリー: 事故防止

2012年11月の人気記事

1位 どうなる?今年のインフルエンザ対策はお早めに!

最近、空気の乾燥に伴い感染症が流行し、インフルエンザ、RSウイルス、マイコプラズマ肺炎などで体調を崩すお子さんも増えているようです。今回は、冬に気をつけたい病気の傾向と対策についてご紹介します。

 

2位 【統計から読む】最新犯罪情勢から学ぶ子どもの防犯対策

警察庁から公表された2012年上半期の犯罪情勢をもとに、子どもを取り巻く状況や世相、犯罪被害傾向と対策を考えてみましょう。

 

3位 【子どものインターネットトラブル最前線(1)】ソーシャルゲームサイトと個人情報のトラブルを知る

インターネットをめぐるトラブルは親にとって心配事のひとつ。そこで、相談窓口として多くの子どもの訴えに耳を傾けてきた(財)インターネット協会 主幹研究員の大久保貴世さんに、子どものインターネットトラブルの「今」を伺いました。

 

4位 全国火災予防運動をきっかけに「子どものための防災冬支度」を考える

冷え込みがつのるにつれて空気は乾燥し、暖房器具の使用も増えることから火災件数が多くなります。火災が増えるこの時期、火災事故をテーマに子どもを守るためにできる防災冬支度を考えてみたいと思います。

 

5位 【新学期の心得】安全に過ごすための注意点

最近、愛知県名古屋市、広島県広島市で小学生が連れ去られるという事件が発生したことを踏まえ、子どもを犯罪や事故から守るためにすべきことをご紹介します。

2012年12月 3日(月)

カテゴリー:

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索