乾燥の季節、火災にご用心

セコムの舟生です。

12月~1月は、太平洋側を中心に乾燥した晴天が続きました。私が住む東京では、12月中旬からまとまった雨が1カ月以上も降っていなかったのだとか。連日、「乾燥注意報」が出され、空気がカラカラに乾いていることが肌からも感じられました。

空気が乾燥してくると、インフルエンザが流行しやすくなりますので、お子さんの健康状態には特に気を配りたいものですね。

インフルエンザの予防対策については、こちらの記事にまとめていますのでご確認ください。

さて、もうひとつ、空気が乾燥する時期に注意したいのは火災。先日、総務省から「平成23年(1月~6月)における火災の概要(東日本大震災の影響により、岩手県、宮城県、福島県のデータを除いて集計)」が発表されました。今回はこのデータを参考に、乾燥が続く季節ならではの火災予防について、考えてみたいと思います。

2012年1月26日(木)

カテゴリー: 災害対策

放課後の安全を確保するために

セコムの舟生です。

昨日、1月18日夕方、大阪で小学生が下校中に切りつけられるという事件が発生しました。報道では、被疑者は現行犯逮捕されたとのことですが、校門前で発生した事件に衝撃を受けています。

改めて登下校時の安全確保の重要性が求められます。昨年末に起きた小学生の女の子が襲われた通り魔事件も、被害にあったのは放課後でした。放課後は、子どもが授業から解放されて自由になる時間であると同時に、親や教師の目が届きにくくなる時間でもあります。

そこで今回は、放課後の安全確保について取り上げてみたいと思います。

2012年1月19日(木)

カテゴリー: 子どもの防犯

地震発生!大切な子どもの命を守るためにできること

セコムの舟生です。

阪神・淡路大震災から今日で17年

昨年は、東日本大震災の甚大な被害に、日本のみならず世界中が衝撃を受けましたが、17年前に起きた阪神・淡路大震災も決して忘れられるものではありません。

いつおそいかかってくるかわからない大地震。子を持つ親であれば、自分以上に子どもを守りたいと強く願っているに違いありません。地震を経験し、その経験を糧に大切な子どもの命を守るためにできる備えを、普段から心がけておきましょう。

阪神・淡路大震災や、東日本大震災の記憶を決して風化させないためにも、今回は子どものためにできる地震対策を改めて考えてみたいと思います。

2012年1月17日(火)

カテゴリー: 災害対策

冬だからこそ気をつけたい事故の注意点

セコムの舟生です。

毎日寒い日が続きますが、体調など崩してはいませんか?多くの小学校が新学期を迎えたかと思います。子どもたちは、元気に登校していますか?

長い休みの後は、生活のリズムが乱れがちです。子どもの体調変化には十分ご注意ください。手洗いやうがいを徹底し、風邪やインフルエンザにかからないようにして、元気よく寒い冬を乗り切りましょう。

さて今回は、冬場に気をつけたい事故の注意点をご紹介します。思わぬ事故を防ぐ参考にしてみてください。

2012年1月12日(木)

カテゴリー: 事故防止

2012年の幕開け!今年も、子どもの安全・安心のために

新年あけまして、おめでとうございます。
セコムの舟生です。

さまざまな出来事があった2011年が終わり、2012年の幕開けです。昨年、2011年を象徴する漢字は「」。子どもたちが安全で安心して成長できるような社会を、地域やたくさんの方との「」でつくりあげていきましょう。

私もこの「子どもの防犯ブログ」を通じて、役立つ情報をお届けし、少しでも子どもたちの安全と安心に貢献したいと思います。

子どもたちが安心して過ごせるように祈念して、2012年のはじめの今回は、子どもの安全と防犯のポイントをおさらいしてみたいと思います。

2012年1月 5日(木)

カテゴリー: お知らせ

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索