緊急提唱!ブラインドひも、コップ、ビニール袋...乳幼児の「よくある窒息事故」にご用心

セコムの舟生です。

窓のブラインドを開け閉めするひもに、乳幼児の首が絡まる事故が数多く報告されているのを受け、東京都では事故防止対策の提言をまとめることになりました。

昨年11月には、大人用ベッドにひとりで寝ていた生後6カ月の赤ちゃんが床に転落した際、首にブラインドのひもが絡まって窒息死。東京都では過去6年間で同様の事故が4件あり、アメリカでも死亡事故が複数発生しているそうです。

小さな赤ちゃんにとっては、思わぬものが大きな事故につながることがあります。
今回は、ブラインド事故を中心に、乳幼児によくある家庭内の事故を考えてみましょう。

2013年10月30日(水)

カテゴリー: 事故防止

子どもがSNSでトラブルに巻き込まれるのはどんなとき?

セコムの舟生です。

東京都三鷹市で、女子高校生が刃物で切られて殺害されるという痛ましい事件がありました。
犯人とは実名性の高いインターネットの交流サイトで知り合ったということでした。

SNSは、遠く離れた人や普通なら知り合うのが難しいような相手とも気軽に親交を持つことができ、現代においては欠かせないツールになっています。便利な半面、さまざま事件のきっかけになることもあり、使い方には十分な注意が必要です。

パソコンやスマートフォンが普及し、子どもたちにとって身近なものになりつつある一方で、インターネット上で「どこまで相手を信用できるか」「どんなことなら話しても支障ないか」といった"さじ加減"が子どもたちにできているのか、不安と危うさを感じます。

子どもたちがトラブルに巻き込まれないように、ペアレンタルコントロールをおこない、わが家だけのルールを徹底し、守らせるのは親の役目です。

今回は、SNSを利用する際に、どのようなことがトラブルのきっかけになるのか、注意ポイントなどをお話しします。

2013年10月28日(月)

カテゴリー: 携帯電話・インターネット

皆さまのご意見をぜひお聞かせください!「ブログに関するアンケート」実施中

セコムの舟生です。

「安全に関するアンケート」プレゼントキャンペーンを実施中。抽選で100名様にセコムオリジナルグッズをプレゼント!今年5月にセコムのイメージキャラクターをつとめる長嶋茂雄さんにご協力いただき「子どもの安全ブログ」をリニューアルしてから、早いもので半年が経とうとしています。

新たに掲載スタートした最新の安全ニュースをはじめ、子どもの防犯基礎知識や安全対策、事故防止、災害対策、そしてスマホやネットトラブル関連など、子育て中の保護者の方に役立てていただける情報をいっそう拡充させてきましたが、リニューアル後の印象はいかがでしょうか?ぜひ一度、感想などをお寄せください。

ただいま「安全に関するアンケート」では、プレゼントキャンペーンを実施しています。

アンケートにご協力いただいた方のなかから抽選で、セコムオリジナルの「プル&ダッシュビートカー」と、「月刊 長嶋茂雄カレンダー2014」のセットを100名様にプレゼント!
締め切りは【2013年11月30日】です。

いただいたご意見はご了解の上、できる限り記事で取り上げさせていただきたいと思っています(掲載不可でご意見だけいただける方も大歓迎です)。
お子さんの防犯対策や、今後読みたい・興味のある記事など、簡単にお答えいただけるアンケートですので、どうぞお気軽にご回答ください。
あなたのご意見が、未来の子どもの安全に繋がるかもしれません。
たくさんの「声」をお待ちしています!

 

2013年10月24日(木)

カテゴリー: お知らせ

【見直そう!子どもの防犯対策】<パート3>暗くなる前に見直そう!防犯シミュレーション

セコムの舟生です。

9月の新学期にあわせてスタートした【見直そう!子どもの防犯対策】特集も、今回が最終回。

初回は、「通学路での犯罪被害」を取り上げました。2回目は、「スマホ・SNS」をテーマにトラブル回避の方法を取り上げました。

3回目の今日は、日没の早まりとともに気をつけたいことをまとめます。

この特集がスタートしたころにくらべると、暗くなるのがずいぶん早くなりました。
子どもたちは遊び足りないように感じているかもしれませんね。

日が傾きはじめてから日没後にかけては、交通事故の危険も増しますし、人の目につきにくくなるぶん、不審者などにも警戒が必要です。

この記事を読んで、親子で防犯・事故防止の「秋じたく」をしていただきたいと思います。

2013年10月21日(月)

カテゴリー: 子どもの防犯

子どもの転落事故はなぜ起きる?事故の傾向と予防のポイント

セコムの舟生です。

朝晩はずいぶん冷えるようになってきましたが、日中はやわらかな秋の空気が心地いいですね。
もう運動会や遠足が終わった学校もあるでしょう。

いま時分は子どもたちにとって、秋の行事が一段落してのびのび過ごせる時期のようです。
このようなときは、気が緩んでしまうことがありますから、事故や犯罪にあわないよう、十分に注意してくださいね!

さて、不思議なもので、ひとつ事故や事件が起きると、同様の事故や事件が連続することがあります。同様のニュースが続いたときには、わが子への「警告」として受け止め、未然に予防することが重要だと思います。

このところ私が気になっているのは、小学生や幼児の転落事故が頻繁に起きていることです。
そこで今回は、最近起きた「子どもの転落事故」を分析しつつ、予防するためのポイントをお話したいと思います。

2013年10月15日(火)

カテゴリー: 事故防止

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索