【夏の安全特集[5]】花火やキャンプ、夏のレジャーは火の用心

セコムの舟生です。

今回の【夏の安全特集】のテーマは、「火の用心」。
「火の用心」と聞くと、冬場を思い浮かべる方も多いと思います。

ところが夏は、キャンプや花火など、子どもが火に接する機会も多く、いろいろなケースで事故が報告されています。夏休みのレジャーへ出かける前に、ぜひご一読ください。

もちろんこれまでに取り上げてきた「水難事故」や「食中毒と熱中症」、「プールでの事故」、「集中豪雨」についての注意点も再度、確認して楽しい夏休みを過ごしてくださいね。

特に、最近熱い日が続いていますので、熱中症対策は忘れずに水分をこまめに補給するように心がけましょう

2012年7月30日(月)

カテゴリー: 災害対策

創立50周年記念イベントALL SECOM「セコムフェア2012」をレポート

セコムの舟生です。

セコムフェア2012発見!あたらしいセコムグループ去る7月7日、創立50周年を迎えたセコム
日頃からご愛顧いただいているお客様をはじめ、取引先の関係者様をお招きして、感謝の気持ちを伝えるとともに、セコムの"これから"をご覧いただくイベント、ALL SECOM「セコムフェア2012」を全国5都市で開催してきました。

5月に仙台からスタートした「セコムフェア2012」。名古屋、福岡、大阪をまわり、東京では7月10日から12日までの3日間開催しました。いずれの会場も大盛況。5会場で6万人以上の方々がお忙しいなか足をお運びくださいました。本当にありがとうございました。

今回は、この子どもの防犯ブログを読んでくださる方々に、「セコムフェア2012」の様子を知っていただきたいと思い、「セコムフェア2012」東京会場の様子をレポートさせていただきます。

子どもたちが安全に、安心して暮らせる社会を目指すセコムの取り組みを、ぜひご覧ください。

セコム創立50周年記念イベント、ALL SECOM「セコムフェア2012」をご案内します










 

2012年7月26日(木)

カテゴリー: お知らせ

【臨時増刊号/熱中症対策】水分補給は"量"より"頻度"

セコムの舟生です。

梅雨明けとともに、本格的な夏が到来。気温の上昇にともない熱中症が急増しています
総務省消防庁によれば、今月9日から15日までに熱中症と見られる症状で病院に運ばれたのは、全国で2,483人。その前週(2~8日)の979人と比べて約2.5倍に跳ねあがっています。

子どもの熱中症は重症化しやすく、本人が不調に気付かないこともあり、症状を悪化させてしまうことがあります。猛暑日が増えるこれからの時期、保護者やまわりにいる大人がいっそうの注意を払う必要があると思います。お子さんの元気がない、食欲がない、おしっこが出ない・色が濃いなどの時は、特に注意が必要です。

熱中症予防の第一にあげられるのが水分補給
一度にたくさんの水分を補給するより、こまめに定期的に水分を摂る習慣をつけましょう。

水分補給のポイントは、「汗をかいていなくても飲む」「のどが渇いていなくても飲む」「頻繁に飲む」ことです。

汗をかかなくても身体から水分は蒸発していきます。活動量に関係なく、水分補給を忘れずに。人間は、脱水症状になると逆にのどの渇きを感じにくくなるようです。「飲みたくない」と思うときこそ、飲むタイミングなのかもしれませんね。熱中症予防のためにはたくさんの水分を一度に摂る必要はありません。こまめに、定期的に、何回も飲む習慣をつけましょう

水分と一緒に摂りたいのが塩分。スポーツドリンクや塩分の含まれたキャンディーなど、さまざまなものが売られていますので、工夫して取り入れてみてはいかがでしょうか。

水分補給以外にも、いろいろと注意すべきことがあります。
あらためて熱中症対策をご紹介しますので、ご覧ください。
 

2012年7月23日(月)

カテゴリー: 事故防止

【特集/夏休みの防犯[1]】夏休みに鍵デビュー!?子どもに鍵を持たせるときの注意点

セコムの舟生です。

海の日を含む3連休が明けた17日。四国から関東甲信までの梅雨明けが発表されましたね。
集中豪雨でたいへんな被害に見舞われた九州地方には、まだ梅雨明け宣言が出されていません。梅雨が続けば、地盤の回復や、増水被害からの復旧にも影響がありそうです。一日も早い復旧を祈るばかりです。

台風7号の接近により、さらに被害が深刻化する懸念もあります。台風に関する情報を確認し、細心の注意を払ってください。

さて、待ちに待った夏休みがもう目前というお子さんも多いのではないでしょうか。
子どもたちには、思い切り楽しい夏休みを満喫してもらいたいですね!

子どもたちが夏休みを楽しみにする一方で、共働きのご家庭では、子どもがひとりになる時間が増えることを心配されているのではないでしょうか。

そこで今回から【特集/夏休みの防犯】と銘打ち、夏休みに役立つ防犯情報をお届けします。
今回のテーマは、「」。子どもが鍵を扱ううえで注意したいポイントをご紹介します。

2012年7月18日(水)

カテゴリー: 子どもの防犯

【夏の安全特集[4]】突然の集中豪雨!そのときどうする?

セコムの舟生です。

夏特有の危険から身を守るためのポイントをご紹介している【夏の安全特集】
これまでに「水難事故」や「食中毒と熱中症」、「プールでの事故」について注意点をご紹介してきました。

第4回となる今回の【夏の安全特集】では集中豪雨について取り上げます。

南から梅雨明けの声が聞こえていますが、梅雨明けの時期は、梅雨前線と気圧の関係により限られた区域で集中豪雨が発生しやすくなります。「ゲリラ豪雨」という言葉も定着しました。

突発的な集中豪雨は予測が困難で、土砂災害や洪水などが起きやすいのが特徴です。事故に巻き込まれないよう、注意すべきことを確認しておきましょう。

2012年7月12日(木)

カテゴリー: 事故防止

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索