初夏に注意!「食中毒」や「三大夏風邪」から子どもを守る

セコムの舟生です。

感染症対策の基本は「手洗い」です。こまめに洗う習慣をつけましょう。5月も終わりが近づき、これからは梅雨が気になる時期ですね。
梅雨の季節は、気圧や気温の変化から、体調を崩しやすくなったり、抵抗力が落ちたりすることがあります。

そのようなときに要注意なのが感染症です。
お子さんの体調変化に注意しましょう。

今回は、「食中毒」や、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「プール熱」といった、初夏から流行しはじめる、子どもがかかりやすい感染症について取り上げます。
お子さんが元気な夏を迎えられるよう、注意ポイントをまとめました。

 

* * * * * * * * *


▼ 衛生管理に注意!重症化しやすい子どもの食中毒
初夏から夏にかけては、細菌やカビが繁殖しやすい時期。
お子さんに腹痛や下痢、嘔吐などの症状が見られたら、「食中毒」が疑われます。

食中毒を引き起こす細菌には、いろいろなものがありますが、特に心配なのは、O157をはじめとする「腸管出血性大腸菌」
強い毒素を出すので、下痢や嘔吐だけではなく、体中にさまざまな障害を起こします。
子どもの場合、下痢や嘔吐が続くと、大人より短い時間で脱水症状を引き起こすこともあり、合併症も起こしやすいそうです。

気がかりな症状が見られたら早めに医療機関を受診したほうが安心です。

<食中毒の予防対策>
(1) 調理前や食事前には石けんで手をよく洗う
(2) 食材を流水でよく洗う
(3) まな板や包丁は使った後、よく洗って乾かす
(4) 食材は中までしっかり火を通す。温めなおしのときも十分に加熱する
(5) 生鮮食品は保存状態に気を配る(常温で放置しない)

O157といえば、加熱不十分な肉が原因で感染したニュースをよく聞きますね。
注意が必要なのは、実は肉だけではありません。野菜や果物、魚介類、乳製品など、さまざま食品や食材から見つかっています。

「よく洗う」「加熱する」が基本の対策です。
また、まな板や包丁、菜箸などの調理器具、スポンジに付着した菌が原因になることもありますので、熱湯や漂白剤による殺菌のほか、直射日光にあてて乾燥させることも効果的です。

衛生管理を徹底するとともに、小さなお子さんの場合、生食はできるだけ避けましょう。
これからの時期は肉だけではなく、魚やたまご、野菜も、火を通したもののほうが安心です。


▼ 三大夏風邪 「手足口病」「ヘルパンギーナ」「プール熱」
九州や沖縄など、西日本で「手足口病」が流行していることが、5月上旬から新聞やニュースに取り上げられています。
手足口病は、いわゆる夏風邪のひとつで、例年7月下旬が流行のピークですので、今年は早めの警戒が必要です。

同じ時期に流行する夏風邪には、「ヘルパンギーナ」や「プール熱」もあります。
ヘルパンギーナは手足口病と同じくエンテロウイルスによる感染症。
「プール熱」はアデノウイルスによる感染症です。

それぞれの特徴を見てみましょう。
○ 手足口病
手のひら、足の裏、口の中などに発疹ができ、発熱するのが特徴。
4歳くらいまでの幼児がかかりやすい感染症ですが、まれに小学校でも流行することがあるようです。口の中の発疹で水分が取りにくくなるので、特に脱水症状には注意が必要です。

○ ヘルパンギーナ
突然高熱を出し、口の奥に水ぶくれや口内炎ができるのが特徴。
手足口病と同じく、免疫のない4歳以下の幼児がかかりやすい感染症です。高熱が数日続くほか、喉の炎症や口内炎のせいで、水を飲むのも痛がり、食事が取りにくくなるようです。

○ プール熱
喉が腫れて高熱が出るなど、風邪のような症状があらわれます。目が充血して結膜炎になることも。
プールで感染することが知られていますが、せきやくしゃみなどによる飛沫感染なので、プールに限らず、日常生活でも感染します。5歳以下の幼児が中心ですが、昨年は夏場にプール熱で学級閉鎖があった小学校も複数ありました。

いずれの感染症もワクチンや特効薬がないので、予防することが大切。
手洗いは、インフルエンザをはじめとする感染症予防の基本対策です。
季節を問わず、こまめに丁寧に手を洗うことを習慣にしたいですね。

<三大夏風邪の予防対策>
(1) こまめに手を洗う。石けんと流水でしっかりと!
(2) 友だち同士でハンカチやタオルの貸し借りを避ける
(3) 咳エチケットに注意する(マスク、人に向けて咳をしないなど)


* * * * * * * * *


感染症に負けない強い体をつくるためには、睡眠や食事をしっかり取ることも大事です。
規則正しい生活を心がけてくださいね!

 

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
出版記念
『大切な子どもの守り方』を抽選で50名様にプレゼント!
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

子どもの安全ブログ モデレーター セコムIS研究所 舟生岳夫が書き下ろした防犯本『大切な子どもの守り方』の発売を記念して、抽選で50名様にプレゼントいたします。

応募期間:2015年4月23日(木)~2015年5月31日(日)

セコムの「子どもの安全ブログ」からうまれた子どもの防犯対策本の"決定版"「大切な子どもの守り方」を抽選で50名様へプレゼント!!詳しくは特設ページをご覧ください
たくさんのご応募、お待ちしています!





2015年5月25日(月)

カテゴリー: 災害対策

プロフィール

舟生 岳夫

セコム株式会社
IS研究所 所属

カレンダー

カテゴリ
カテゴリ
人気記事
ブログ内検索