セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > 企業情報 > CSR > CSRの取り組み > 社員とともに > セコムの労働衛生管理体制

〈基盤的CSR〉〜社会から信頼される企業として〜
セコムの労働衛生管理体制

社会に「安全・安心」を提供するセコムの社員は、何よりも社員自身が健康でいきいきと働いていることが重要であるという方針のもと、セコムでは、社員の健康の維持・増進と安全で働きやすい職場づくりをめざし取り組みを充実させています。

セコムの労働衛生管理体制

セコムでは、「人事部」が「健康推進室」・「セコム健康保険組合」と協力し、社員の労働衛生管理体制の整備を統括的に進めるとともに、全国の労働衛生活動を推進して社員一人ひとりが活力を持って、心身ともに元気な状態で職務を遂行することを支援しています。

「健康推進室」と「統括産業医」・「地域産業医」の設置

社員の健康の維持・増進を図るために、「健康推進室」を設置し、産業医療分野の経験が豊富な「統括産業医」を配置しています。「統括産業医」は、「人事部」「健康推進室」と連携して全社的な施策を推進し、「地域産業医」とともにセコムグループ各社への助言や社員に対する健康上の指導を行っています。

また、社内イントラネット上に「健康推進室」のホームページを設置し、社員の健康や生活についての情報発信などを行い、社員の身近な存在としてさらなる健康維持・増進を進めています

「衛生委員会」

全国で実施している「衛生委員会」では、社員の安全と健康の確保を継続的に推進するために、社員の労働時間の確認、健康の保持増進、職場環境の改善、安全確保・危険防止の対策などに関して、毎月1回検討会議を実施しています。

「明るい職場創造委員会」

写真:委員会活動によりリフォームされた事務所
委員会活動によりリニューアルされた事務所

2012年度から、社員の誰もが明るい気持ちで業務に取り組めるよう、職場環境の向上を目的とした部門横断プロジェクトの「明るい職場創造委員会」を設置しています。全国各地の事業所の職場環境の改善を推進し、事業所のリニューアルや大規模地震を含む広域災害対策などの施策を推進しています。

具体的には、什器備品の交換、床、壁、天井の内装工事、レイアウト変更工事、照明・空調の改良工事、耐震対策など、社員の健康・安全に配慮したさまざまな労働環境整備を行っています。

2013年度には大規模地震の発生リスクが高いとされる地域において、事業所のすべてのキャビネット類の転倒防止対策を行いました。


社員の健康管理・増進のための取り組み

写真:「健康経営優良法人2017 〜ホワイト500 〜」

社員とその家族の健康を守るために、毎年、社員の健康診断と、社員と家族の成人健診を実施し、さらに健診結果から、通院や治療が必要と判断された社員には個別指導を行っています。

2015年度からは「セコム健康保険組合」と連携し、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)のリスクが高い社員の生活習慣見直しサポート「特定保健指導」を行っています。2016年度からは、全社員参加型禁煙支援プログラム「セコム禁煙ナビ」を実施し、禁煙を決意した喫煙者に、禁煙補助剤を無償で配布。また、眠気や集中力低下を引き起こすほか、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの合併を引き起こすリスクを早期発見するために、セキュリティ事業において車両を使用する業務に従事する社員に、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査を実施。

このような継続した取り組みが評価され、2017年2月、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人認定制度」において、「健康経営優良法人2017 〜ホワイト500 〜」に認定されました。

長時間労働防止のための取り組み

画像:啓発ポスター
啓発ポスター

セコムでは、社員が健康で弾む心で仕事に臨み、高い集中力を発揮できる環境を整え、最大の成果を出すための仕組みの構築と意識の啓発を行っています。

特に、社会的な課題である長時間労働を防止するため、「人事部」と関連部門に専任の担当者を置き、全国各地の責任者と連携して、継続的に時間管理と改善等の指導を行っています。

また、社内イントラネット上には、上司が社員の出退社時刻を日々把握・確認できるように仕組みを構築し、各職場においてもきめ細かい時間管理と指導を行っています。

社員一人ひとりへの啓発の取り組みとして全国の事業所に、健康管理と時間管理のために定時退社を促すポスターを掲示し、「定時に帰宅する習慣」の啓発を行っています。

メンタルヘルスの取り組み

「人事部」と「健康推進室」が連携して、社員のメンタルヘルスケアにも積極的に取り組んでいます。厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に基づいて、「心の健康づくり計画」を作成し、ストレスチェックを実施するとともに、精神科医やEAPカウンセラー*による面談・研修を実施しています。

EAPカウンセラー・・・(Employee Assistance Program)メンタル面における社員支援プログラムの専門カウンセラー。

「セコムライブリィーユニオン(セコム社員連合組合)」の取り組み

セコムグループの労働組合である「セコムライブリィーユニオン(セコム社員連合組合)」は、会社との協議・コミュニケーションを通じて、社員の健康や安全衛生などのさまざまな問題の解決に取り組んでいます。これまでにも数多くの制度や仕組みを会社との協議を通して実現しており、2014年度には創立50周年を迎えました。

社員の健康面での取り組みとして、超過勤務の削減や時間管理の徹底、人員充足率の改善、メンタルヘルスへの取り組み、禁煙推進に向けた取り組みなどを行っています。また、社員の職場での安全を確保する取り組みとして、車両事故・交通違反の撲滅などを行っています。

さらに、ユニナー(組合員)の意見を活動にいかすため、「社内意識調査」を行っています。2014年度は、4月と12月に実施し、社内イントラネット上でアンケートの結果報告も行いました。

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > 企業情報 > CSR > CSRの取り組み > 社員とともに > セコムの労働衛生管理体制

ページの先頭へ

ホームセキュリティ防犯、警備のことならセコムにご相談ください。
お客さまのニーズに応えるため、家族構成や住居タイプに応じたホームセキュリティのプランを多数ご用意しております。
また、監視カメラ防犯ガラスなど、各種サービス・防犯対策商品をご提供しております。

セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

Secured by SECOM
SSLサーバ証明書