セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > 企業情報 > CSR > CSRの取り組み > 地球環境とともに > 地球温暖化防止活動(くるまのエコ)

〈基盤的CSR〉〜社会から信頼される企業として〜
セコムの環境保全活動

地球温暖化防止活動(くるまのエコ)

セコムの主要事業であるセキュリティ事業では、さまざまな業務で多く車両を使用しており、車両燃料に起因するCO2と大気汚染物質の削減はセコムとにとって重要と考え、さまざまな取り組みを行っています。

ハードとソフトの取り組みと2020年目標

セコムグループの低燃費車導入率
グラフ:セコムグループの低燃費車導入率
画像:低燃費車

セキュリティ事業では、緊急対処をはじめ、現金護送、技術・工事対応、営業活動などさまざまな場面で車両を使用しており、排出されるCO2は、セキュリティ事業全体の約半分を占めています。そこで2008年には「2013年までにすべての車両を環境対策車*1にする」ことを目標にして、ハード面とソフト面の両方から取り組んできました。その結果、2014年3月末現在、全車両の99.5%がハイブリッド車・電気自動車を含む環境対策車となり、CO2などの排出量は大幅に減少しました。

この成果を踏まえ、2014年に「2020年度末までに、セコムグループのすべての4輪車両を『低燃費車*2』にする」という新たな目標を立て、セコムグループ全体でCO2の削減に取り組んでいます。

*1:セコムの「環境対策車」とは、国が策定した「低公害車開発普及アクションプラン」に該当する低公害車のうち、実用段階にある低公害車および同等の性能を有した車両のことです。

*2:セコムの「低燃費車」とは、「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準」「平成22年度燃費基準+25%」のいずれかと、「平成17年排出ガス基準-75%」を共に達成した車両のことです。

ハード面の取り組み

車両の用途や特殊装備の有無などにより、車両を20タイプに分類。各タイプごとに燃費や燃料の種類により候補車両を絞り、想定される月間走行距離やリース料を踏まえ、1台ごとに判断して最適な車両を選定しています。

画像:最適な車両選定
ソフト面の取り組み

①「エコ安全ドライブ」の徹底

写真:「エコ安全ドライブ」

セコムでは、省エネ運転と安全運転を兼ね備えた「エコ安全ドライブ」を実践し、お客様への迅速な対応と地球温暖化防止に努めています。

「エコ安全ドライブ」を実践するための教育・啓発活動は、マニュアルの配布やポスターの掲示にとどまらず、全国のすべての事業所において、OJTの中でセキュリティ・ドライビング・トレーナーによる実地指導を行い、重点事業所には本社担当部門のスタッフが直接訪問し、添乗指導をしています。

また、地域ごとに集合教育も実施しており、多くの研修受講者に、セキュリティ・ドライビング・トレーナー、管理者、本社担当部門スタッフによる添乗指導をしています。

マンツーマンでエコロジーと安全につながる運転操作を一つ一つ説明し、本人が「エコ安全ドライブ」を十分に理解して納得するまで徹底して繰り返すことにより、安全面・省エネ面で成果を上げています。

② 啓発活動

お客様の安全はもちろん、自分・家族・会社を守るために、安全運転の実践はセコムにとって最重要事項の一つです。社内イントラネット上には、車両に関するサイトがあり、安全運転の基本マニュアル、道路交通法の理解をはじめ、「低燃費車」の導入状況や事業所の燃費向上実績など車両に関するさまざまな情報を掲示し、社員への啓発活動を図っています。


「エコ安全ドライブ」コンテストの実施
画像:「エコ安全ドライブ」のポスター
「エコ安全ドライブ」のポスター

セコムでは、国土交通省、経済産業省、警察庁ならびに環境省が連携してエコドライブの普及促進を図る11月の「エコドライブ推進月間」に合わせ、全国の事業所を対象に「エコ安全ドライブコンテスト」を開催しています。

運転に携わる全社員がコンテストに参加し、事業所部門と車両部門で、「エコ安全ドライブ7項目」を実践するとともに安全で丁寧なエコ運転による燃費向上率を競いあいます。運転業務を通して、地球温暖化の原因となるCO2、大気汚染物質である窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)、粒子状物質(PM)の削減を考える機会とすることも、コンテストの目的の一つです。


BCP対策として「LPGバイフューエル車」を検討

写真:セコムの環境対策車
セコムの環境対策車

東日本大震災後、被災地をはじめ広範な地域でガソリン供給不足が起き、ガソリンスタンドに長蛇の列ができました。この教訓からセコムはBCP対策として、「LPG*バイフューエル車」をテスト導入しています。

この車はガソリンとLPGの両方のタンクを搭載して、エンジン起動時と高負荷時はガソリンで、通常走行時はLPGに自動的に切り替えて走行します。ガソリンとLPGの両方燃料が満タンであれば無給油で約900kmの継続走行が可能です。

広域災害などが発生してガソリンの供給が滞った場合でも、LPGは比較的安定した供給が期待できることから「LPGバイフューエル車」による機動性の確保を見込んでいます。

LPGは、ガソリンに比べて安価で、燃焼時のCO2排出量はガソリンよりも約8%少なく、NOxとSOxの排出量も少ないことから、クリーンなエネルギーとされています。

*LPG...プロパンガスとも呼ばれる液化石油ガスのこと。現在はおもにタクシーなどで使われている。

防犯対策・セキュリティのセコムトップ> 企業情報 > CSR > CSRの取り組み > 地球環境とともに > 地球温暖化防止活動(くるまのエコ)

ページの先頭へ

ホームセキュリティ防犯、警備のことならセコムにご相談ください。
お客さまのニーズに応えるため、家族構成や住居タイプに応じたホームセキュリティのプランを多数ご用意しております。
また、監視カメラ防犯ガラスなど、各種サービス・防犯対策商品をご提供しております。

セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

Secured by SECOM
SSLサーバ証明書