セコム防犯ブログ|犯罪の手口-狙う時間帯| ホームセキュリティのセコム

まなんで、まもる
セコム防犯・防災入門

犯罪の手口-狙う時間帯

夜間や留守中だけではありません。
ちょっとした隙も狙われます。

警察庁の統計を見ると、最も被害が多いのは、一般的に不在になりがちな10時~16時の時間帯です。ただし、泥棒が狙うのは留守宅だけではありません。住宅侵入盗の約2割は、在宅中にもかかわらず入り込む手口です。

■24時間、油断はできません

全国の侵入犯の時間帯別発生件数

グラフのとおり、どの時間帯にも一定量以上の侵入犯罪が発生しています。朝のゴミ出しや近所への買い物などのとき、すぐに戻るから、とをかけずに家を離れていませんか?泥棒は、狙った家を入念に観察しています。が開いていればしめたものです。室内を物色する時間は5分以内。あっという間に盗み出し、逃走してしまいます。







△犯罪の手口-狙う時間帯 TOPへ

  • あなたの「?」をセコムするキャンペーン

カテゴリ