セコム防犯ブログ|住まいの防犯対策-防犯建物部品で強化する| ホームセキュリティのセコム

まなんで、まもる
セコム防犯・防災入門

住まいの防犯対策-防犯建物部品で強化する

CPマーク」付きの製品で、
侵入までの時間を稼ぐ対策が有効です。

■5分耐えられることが基準の「防犯建物部品」(CPマーク)

CPマーク

防犯建物部品」は、「破壊行為に5分以上耐えられるか」などの防犯性能試験に合格したドアや錠、ガラス、面格子などの建物部品を認定するもので、警察庁、国土交通省、経済産業省と民間関連団体で構成される「官民合同会議」が2004年に制定しました。

防犯性能の高い建物部品目録」として、数多くの品目がホームページ上で公開されており、これらの製品には「CPマーク」が表示されます。

環境によって、破壊に耐えられる時間には幅があります。また、例えば「周囲の目」があまり期待できない環境では、侵入に5分以上の時間をかける可能性も十分にあるため、必ず、見通しのよい環境づくりと併せて対策を立てることが重要です。

△住まいの防犯対策-防犯建物部品で強化する TOPへ