開催レポート一覧

開催終了のセコムオープンラボは、後日レポートページを掲載しています。
こちらからご確認ください。

  • 終 了ミートアップイベント:
    「セコム共想MeetUP!@ILS」

    2018年10月22日(月) 16:00〜 18:00

    “共想”によるオープンイノベーションをキーワードに、社会に必要なサービスを創造するベンチャーと各種大企業との交流機会としてミートアップイベントを開催。 サービス視座による基調講演、「IoT、セキュリティ連携、予防医療/ヘルスケア」関連の公募から厳選したスタートアップ10社によるショートピッチ、ポスターセッションを併設しながら、お茶会スタイルのミートアップ(出会い)の場として国内外より多くの企業等にご参加いただけました。

    レポートはこちら

  • 終 了第12回:「ミレニアルカルチャー時代のミンナの価値観」

    2018年9月27日(木) 17:00〜 20:00

    今回のテーマは「ミレニアルカルチャー時代のミンナの価値観」。新しい消費世代として大学生/院生も交えて産業界との価値観のギャップを描きながら、“エモさ”に表現されるようなデジタル化と絶え間ないつながりが空気のように当たり前になった時代の価値観をディスカッションしました。集まる参加者の多様な価値観を軽食コンセプトにも反映し、「多様性カラフルベーカリー」を併設して、華やかに開催しました。

    レポートはこちら

  • 終 了第11回:Workplace2030:オフィスの未来」

    2018年5月25日(金) 17:00〜 20:00

    今回は、「オフィスの未来」をテーマに、現代的な価値生産において必要となってきている新しい機能や、それに伴いオフィスに求められてくる機能など、働く“場”がどう変わっていくのか、働き手のユーザー目線からディスカッションする機会を設定しました。
    オフィスの話題ということもあり、軽食のコンセプトは「話が弾むオフィスのフード」。美味しく華やかな特製Bentoや片手でたべるケーキとともに、賑やかに開催しました。

    レポートはこちら

  • 終 了第10回:特別回「セコムオープンラボ @大学園祭」

    2018年3月28日(水) 10:00〜 17:30

    学生達の祭典「大学園祭」において1Dayのビジコンを開催。大勢の学生が集うなかでセコムオープンラボを開催することで、学生ならではの目線から未来に向けた課題や挑戦的なアイデアの議論を進めました。“2030年のお困りごと”をテーマに、新しい切り口から様々なサービスビジネスが提案され、グランプリとセコム特別賞を選出しました。

    レポートはこちら

  • 終 了第9回:人生100年時代のスポーツと安心

    話題提供:西谷 義久(DeNA)
    2018年2月1日(木) 17:00〜 20:00

    今回は、「100年ライフ」に向けて、「人生100年時代のスポーツと安心」をテーマに、長寿化のなかでどうすれば日常的に/生涯にわたり、身体を動かす仕組みが実装できるかについてアイデアディスカッションを開催しました。
    また、テーマにあわせ、軽食のひとつとして、滋賀県で不老長寿の霊果といわれる「むべ」を用いた飲料をご用意。スーパーフードを体験しながら賑やかに議論を進めました。

    レポートはこちら

  • 終 了シンポジウムイベント:
    Co-Creation"共想"フォーラム

    主催:セコム株式会社、日本経済新聞社クロスメディア営業局
    協力:国立研究開発法人 科学技術振興機構(サイエンスアゴラ)
    2017年11月16日(木) 13:30〜 17:10

    “共想”によるオープンイノベーションをキーワードに、共感から生まれる新しい価値と、社会に必要なサービスを議論する機会として、シンポジウムイベントを開催。
    “未来をつくる共想・協働”をテーマにした基調講演、パネルディスカッションのほか、セコムオープンラボで議論されたアイデアを紹介して来場者全員の大投票会を行い、最優秀共感アイデアを選出しました。

    レポートはこちら

  • 終 了第8回:未来都市でのくらしと、まだ見ぬANSHIN

    話題提供:渋谷区経営企画部 山﨑善広氏
    2017年9月19日(火) 17:00〜 20:00

    今回は「都市」に着目し、一周年特別回として、「未来都市でのくらしと、まだ見ぬANSHIN」をテーマに、人口集中が進む都市部の未来を描きながら、現状ではまだ捉えきれていない新しい課題を探索するアイデアディスカッションを開催しました。
    あわせて、軽食として「都市」をイメージしたケーキポップのジオラマをご用意。参加者の想像を刺激しながら、華やかな場を演出しました。

    レポートはこちら

  • 終 了第7回:デジタルネイティブ時代のあんしん感

    2017年7月26日(水) 17:00〜 20:00

    今回は夏のイベントとして、「デジタルネイティブ時代」をテーマに、昨夏にも開催し好評を得た、学生参加者と企業人参加者とで、新しい世代の価値観を吸収して、新しい時代の兆し・気配を感じるアイデアディスカッションを開催しました。
    また、デジタルネイティブ世代を意識したフォトジェニックな軽食をご用意。世代間のギャップを五感で体験しながら賑やかに議論しました。

    レポートはこちら

  • 終 了第6回:超スマート社会のなりすまし問題

    話題提供:鈴木宏哉・小林良輔(東京大学 ソーシャルICT研究センター 学術支援専門職員)
    2017年5月25日(木) 17:00〜 20:00

    今回は、「超スマート社会のなりすまし問題」と題して、高度化するなりすましの問題と未だ伝統的な方法が多く採られている本人確認・真正確認というプロセスに焦点をあてて、プロダクトやサービスの課題を探索し、それを解決するためのアイデアディスカッションをテーマに開催しました。
    また、今回の軽食にはテーマにあわせてフェイクフード、たこ焼きのようなシュークリームをご用意。意外性がアイデアに華を添えました。

    レポートはこちら

  • 終 了第5回:訪日外国人6000万人時代の『もの・こと・わけ』

    話題提供:髙橋邦之(電通 プランニング・ディレクター)
    2017年2月13日(月) 17:00〜 20:00

    今回は、「訪日外国人6000万人時代の『もの・こと・わけ』」と題して、6000万人が来訪するようになる日本の社会環境について、プロダクトやサービスの課題を探索し、それを解決するためのアイデアディスカッションをテーマに開催。
    また、今回の軽食は、多くの訪日外国人の目的の一つである「日本の食」として、創作おにぎりをご用意。議論のスパイスとなりました。

    レポートはこちら

  • 終 了第4回:ダイバーシティ時代の公共空間とは〜安全安心の視点から

    話題提供:増原裕子(LGBTコンサルタント)
    2016年11月25日(金) 16:00〜 19:00

    今回は、「ダイバーシティ時代の公共空間〜安全安心の視点から」と題して、ディスカッションを行いました。LGBTコンサルタントの増原裕子さんから話題提供をいただくなど、盛会に開催することができました。

    レポートはこちら

  • 終 了第3回:デジタルネイティブ時代の安心感

    2016年9月29日(木) 18:00〜 21:00

    今回は、新しい消費世代を代表して、東京理科大学と電気通信大学から、学部/大学院の学生にもご参加いただきました。参加者それぞれの分野から多くのアイデアが出され、参加者間で多くの気づきと新しい交流が生まれる場となりました。

    レポートはこちら

  • 終 了第2回:空き家問題の光明〜元気に活用しよう!

    2016年7月6日(水) 18:00〜 21:00

    空き家問題を“暗い影”ではなく“未来に向けた明るい光”ないし“新たな機会”として捉えることができないか、皆様とディスカッションしました。多くのアイデアとユニークな発想をシェアいただきました。

    レポートはこちら

  • 終 了第1回:超高齢社会の暮らしのお困りごと

    2016年4月20日(水) 18:00〜 21:00

    超高齢社会における暮らしのなかのお困りごとと、その解決策をテーマに、新しい価値が形成された社会を描くワークショップを行いました。セコムオープンイノベーション推進担当と日ごろご縁のある皆様で集まり、幾つかの切り口から議論を繰り返して成果をシェアしました。

    レポートはこちら

お問い合わせフォームへ

トップに戻る