メニュー

セコムとパートナーとの“共想”による
協働プロジェクトブランド

革新的・独創的なサービス創造に向けた
セコムとパートナーとの協働プロジェクトにより、
新たな顧客価値および社会価値に挑戦しています。

ABOUT

セコムデザインファクトリーとは

「SECOM DESIGN FACTORY」は、挑戦的・実験的な協働を通じて、新たな価値創造を目指すセコムの協働プロジェクトブランド。セコム内だけにとどまらない広く多様な価値観のなかで、新しい顧客価値や社会価値に挑戦していくチームおよび活動の総称、そしてそこから生まれた商品を示すブランドです。

ロゴマークのデザインは、今までなかった新しい価値を創出する“0→1”のイメージを表現しました。また1を矢印に見立てて、未来へ向かって進んでいく想いを表現しています。

PROJECT

aiboと、セコムする。

ソニー株式会社「aibo」セコム・ホームセキュリティ

セコムが培ったセキュリティのノウハウと、ソニーが持つAIロボティクス技術やエンタテインメント性の融合により、ソニーの自律型エンタテインメントロボット「aibo」と「セコム・ホームセキュリティ」の連携を実現しました。

自らの感情や欲求をもつ好奇心旺盛な「aibo」の特性を活かして、愛らしさや癒しを感じるといった“情緒的なあんしん感”の創出に取り組みました。
「aibo」が、「セコム・ホームセキュリティ」の操作と連携して愛らしくお留守番やお出迎えをし、外出先から「aibo」を通して自宅の様子を確認するなど、従来の「セコム・ホームセキュリティ」だけでは提供できない「あんしん感」をプラスし、お客様の暮らしを「もっと楽しく、もっと安心」なものにします。

詳細はこちら

PROJECT

VR研修プログラム

カディンチェ株式会社セコム株式会社

VR(バーチャルリアリティ)研修プログラムは、セコムと、VR/ARなどの空間表現技術開発に取り組むITベンチャー企業のカディンチェが協力して開発した、警備業界初のVR技術を活用した研修プログラムです。2017年よりセコムの社員教育に導入しています。

VR技術の活用により、準備に負担がかかる研修、危険性が高く機会が限られる研修を、多くの社員で安全に疑似体験、学習することができます。
さらに、2019年には「ゲーミフィケーション」を採り入れてインタラクティブ性を強化しました。 VR空間内での探索要素やスコアリングによる動機付け要素などを導入しており、正確さや時間などからその業務を点数で評価し、スコア向上のための繰り返しの学習を促進することで、より高い研修効果が期待できます。

詳細はこちら

PROJECT

まごチャンネル with SECOM

株式会社チカクセコム株式会社

「まごチャンネル with SECOM」は、セコムと、“シニア・ファースト”をミッションに掲げるIOTベンチャー企業のチカクの技術や実績、知見を基に協働して開発した「たのしい、みまもり。」をコンセプトとする新しいご高齢者向けの見守りサービスです。

チカクの「まごチャンネル」に、セコムの「みまもりアンテナ(センサー)」をプラスしてゆるやかな見守りを提供します。ご実家では「まごチャンネル」を通じて、離れて暮らすご家族の動画や写真などをテレビで楽しめ、ご家族の側ではご実家の「みまもりアンテナ」からの情報をもとに親御さんの起床や就寝、室内の温湿度の変化などをアプリで確認して、程よい距離感で家族が楽しみながらコミュニケーションできる新しいみまもりサービスです。

<ダイバーシティTOKYOアプリアワード最優秀賞受賞>

詳細はこちら

トップに戻る