子どもの熱中症に注意!2つの予防ポイント

セコムの舟生です。

若葉の緑が鮮やかな季節ですね。
今月は運動会が催される小学校も多いのではないでしょうか。
さわやかで過ごしやすい時期ですが、毎年この時期になると「熱中症」のニュースが聞こえてきます。

熱中症は、誰でもなる可能性があります。
子どもの場合は暑さに対する耐性が大人より低いので、特に注意が必要です。

また大人より頭の位置が地面に近いので、照り返しの影響を受けやすく、体感温度が高め。
大人に比べて、子どもは熱中症になるリスクが高いといえます。

今回は、子どもの熱中症についての基本的な知識と注意点をまとめます。
今のうちから熱中症対策を始めて、本格的な熱中症シーズンに備えましょう。


* * * * * * * * *


▼ 体が「暑さ」に慣れていない時期は要注意
消防庁では、毎年5月から熱中症の救急搬送人数の統計を発表しています。
例年の傾向では、5月の中旬から徐々に増加。
6月には梅雨の晴れ間などに熱中症で搬送される人が多くなります。

この時期の熱中症は、「急な暑さ」が大きな原因です。

人間の体は、暑い環境で体温が上がると、汗をかいて体温を下げる仕組みになっています。
ところが、冬の間はあまり汗をかかないので、今の時期はまだ汗をかく機能や熱を逃して体温を下げる機能が活発には働きません。
体が本格的な暑さに慣れていない状態です。
今の時期は、体が暑さにうまく順応できず、熱中症になりやすいといえます。
効率よく汗をかける体になるために、少しずつ暑い環境に慣らしていきましょう。


▼ 熱中症になりやすいのはこんなとき
これからの時期、気温が高い日は「熱中症注意日」。
暑さだけではなく、いくつかの要因が重なったときに、熱中症になりやすくなります。
以下のような天候の日は特に注意が必要です。

・気温が高い
・湿度が高い
・日差しが強い
・風がない

晴天の日だけではありません。
曇天や雨でもジメジメして蒸し暑い日は、「体に熱がこもってだるい」と感じることがあるのではないでしょうか。

汗をかいても乾かなければ、体に蓄積された熱は発散されません。
風のない、締め切った室内でも熱中症になることがあります。

また体調が良くない日には、暑さに対する抵抗力も弱っているので、いつも以上に注意が必要です。
熱中症になりやすいこれからの季節は、お子さんを特に気にかけてあげてくださいね。
お子さんの様子によっては、学校で無理をしないよう先生に伝えたり、スケジュールを調節してあげたりすると良いと思います。


▼ 熱中症予防のポイントは「水分補給」と「体温発散」
熱中症を防ぐには、「体温の上昇を防ぐ」ことと、「体の熱を上手に放出する」ことが重要です。
スムーズに汗をかけるかがポイント。

こまめな「水分補給」を心がけましょう。
子どもは水分補給を忘れがちなので、学校でも休み時間ごとに水を飲むよう、教えてください。

のどが渇いていなくても、水分補給は必要です。
一度にがぶ飲みするのではなく、少量で良いので、頻繁に水分を取ることが熱中症予防には効果的です。

また体に熱がこもりがちなので、衣服にも工夫してください。
首まわりを締め付けない、通気性の良い素材の肌着やTシャツなどを着せてあげると良いと思います。

汗をかいたら、タオルなどでふいて体を濡れたままにしないことが大事です。
ハンカチの他に、替えのタオルやTシャツなどを持たせてあげると良いかもしれません。

おうちに帰ってきたときも、汗をかいていたらすぐにシャワーを浴びさせたり、着替えさせたりすると良いでしょう。
汗を流してさっぱりすることも、熱中症予防のひとつです。


* * * * * * * * *


水分をこまめに取る
汗をかいたらふく

この2つは、熱中症予防のために学校でも行うよう、お子さんと約束しましょう。
子どもは自分の異変に気づきにくいですが、暑くてなんとなく気分が悪い...というときは「危ないよ」のサイン。
汗がひくまで休憩する、水分を補給する、早めに先生に伝えるなど、何をすれば良いかをしっかりと教えておきましょう。

2017.05.11

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)