子どもの安全ブログ

子どもに教えておきたいSNS犯罪の手口

セコムの舟生です。

SNSをはじめとするコミュニティサイトで、子どもが犯罪被害にあう事犯が増え続けています。
警察庁の発表によれば、平成28年の被害児童は過去最多の1736人。
特に児童ポルノや児童買春の被害が増えています
児童ポルノでは自画撮りによる被害が多いのが特徴です。

最近は小学生でも、コミュニケーションツールとしてSNSを利用することが珍しくなくなりました。
インターネットを通じたコミュニケーションは、便利で楽しい一方で、リスクも存在していることを忘れてはなりません。

今回は、実際に子どもが被害にあった事例から、子どもとSNSの付きあい方や保護者が知っておくべき安全対策を紹介します。

もっと読む

2018.02.08

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは? お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)

アーカイブ

2018年(52)
2017年(111)
2016年(153)
2015年(155)
2014年(138)
2013年(75)
2012年(93)
2011年(89)
2010年(84)
2009年(70)
2008年(69)
2007年(84)
2006年(115)