子どもの安全ブログ

[クローズアップNEWS]小学生を狙うわいせつ犯罪

セコムの舟生です。

すぐに助けを求められる「安全な場所」がどこにあるのか把握しておくことも大切な防犯対策です。寒さが続いていますが、各地で梅の便りも聞こえてきました。
これからは春を探す楽しみが少しずつ増えていきますね。

さて、今回の[クローズアップNEWS]は、子どもを狙ったわいせつ犯罪を取り上げます。
子どもが被害者となる犯罪の種類はさまざまですが、窃盗犯などを除く、直接肉体に危害を受けるような犯罪被害の中で目立って多いのが「強制わいせつ」です。
13歳未満の子どもが被害者となった刑法犯の約3分の1を占めています。

わいせつ目的で子どもを狙う不審者が絶えないのは、なぜなのでしょうか。
過去に起きたわいせつ犯罪のニュースを分析すると、多くの容疑者が「小学生なら抵抗されないと思った」「思い通りにできると思った」などと供述しています。
このような身勝手を絶対に許すことはできません。

実際に起きた事件を振り返りながら、子どもが被害にあった状況やパターンを検討し、わいせつ犯罪の被害にあわないための対策をまとめます。

もっと読む

2017.02.16

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは? お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)

アーカイブ

2019年(18)
2018年(62)
2017年(111)
2016年(153)
2015年(155)
2014年(138)
2013年(75)
2012年(93)
2011年(89)
2010年(84)
2009年(70)
2008年(69)
2007年(84)
2006年(115)