子どもの安全ブログ

[不審者対策/強化月間]危険が迫ったときの対応

セコムの舟生です。

相手とは大人が両腕を広げたくらいの距離を保つのが大切です。12月の強化月間シリーズは[不審者対策]をテーマにお届けしています。
前回の「声かけの種類と対策」では、実際に起きた事案から、不審者によるさまざまな声かけのパターンを紹介しました。

子どもを誘いかける言葉は実に多様。
知らなければだまされてしまうような悪質なものもあります。
いろいろなパターンの声かけがあることを、折に触れてお子さんに伝えておきたいですね。

前回の「声かけの種類と対策」のなかで、不審者に遭遇したときの対応を学ばせる「防犯シミュレーション」についても触れました。
今回はより具体的に、危険が迫ったときの回避のし方をお話ししたいと思います。

声をかけられるだけではなく、体をつかまれたり、後をつけられたり、いろいろな状況が考えられます。不審者の行動別に、お子さんの対応方法を考えてみましょう


<子どもの安全 強化月間「不審者対策編」バックナンバー>
・「不審者ってどんな人?
・「不審者に狙われやすい子どもの特徴
・「声かけの種類と対策

もっと読む

2016.12.22

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは? お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)

アーカイブ

2019年(24)
2018年(62)
2017年(111)
2016年(153)
2015年(155)
2014年(138)
2013年(75)
2012年(93)
2011年(89)
2010年(84)
2009年(70)
2008年(69)
2007年(84)
2006年(115)