[セコム]海外での事業展開|IR情報|セコム株式会社(9735)−信頼される安心を、社会へ。

経営情報

MANAGEMENT INFORMATION

海外での事業展開

セコムは1978年に台湾へ進出して以来、海外事業を拡大し、現在13の国と地域で緊急対処サービス付オンライン・セキュリティシステムを中心として、進出先の国と地域に合わせた多様なサービスを提供しています。

各国での取り組み

台湾では、中興保全科技股份有限公司が現地の証券取引所に株式を上場し、最大手企業として、ホームセキュリティから大型施設の安全管理システムまで、幅広いセキュリティサービス・商品を提供しています。同社は、ウェアラブルカメラシステムを活用したセキュリティも提供するなど、積極的に最新技術を導入し、サービス品質の向上に努めています。

韓国では、現地の証券取引所に株式を上場している(株)エスワンがセキュリティのトップ企業としてオンライン・セキュリティシステムを中心に、多種多様なセキュリティサービスやビルディングソリューションを提供し、約670カ所の緊急発進拠点からの迅速な緊急対処がお客様から評価され、契約が拡大しています。

中国では、26都市に渡る大規模なセキュリティネットワークを築き、拡販に努めています。また、上海に機器の製造拠点を設け、市場ニーズにかなったセキュリティ機器を提供しています。

上海セコムセキュリティの緊急対処車

東南アジアでは、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナムおよびミャンマーで、オンライン・セキュリティシステムを中心に提供し、普及が進んでいます。

セコムベトナムセキュリティサービスの緊急対処車

トルコでは、中小規模から大型施設まで、安全管理システムなどのセキュリティサービスを提供しています。

オーストラリアでは、大手銀行や大型商業施設などの民間企業から政府系機関まで、大規模なシステムインテグレーションを含む、高品質なサービスを提供しています。

ニュージーランドでは、セキュリティサービスや保守点検サービスを提供し、高性能な監視カメラシステムが大手スーパーや銀行から、高く評価されています。

イギリスでは、セコムPLCが英国全土にオンライン・セキュリティシステムなどを提供し、政府機関、英国大手銀行、大手企業から信頼を得ています。

セコムガードオールNZの管制員

成長市場に対する事業展開

セコムは、富裕層や中間所得層が著しく増加している中国や東南アジアでオンライン・セキュリティシステムの普及を加速するため、現地企業とのオープンイノベーションを積極的に推進し、進出先の国や地域の市場ニーズを踏まえたサービス創出に取り組んでいます。

中国では、上海に研究開発拠点「中国イノベーションセンター」を開設し、現地の大手メーカーや不動産管理会社、通信会社などと協業して、地域性や市場ニーズに合致したサービスの開発に取り組んでいます。タイのバンコクにも「ASEANイノベーションセンター」を開設し、ASEAN各国に適した商材やサービスの企画・導入を手掛けています。2020年11月からは、クラウドサービスを活用したオンライン・セキュリティシステムを提供開始し、デジタルマーケティングや顧客管理システムなどを活用した事業運営を展開しています。

また、アジア地域でのプレゼンスのさらなる向上をめざし、2020年9月から2021年2月にかけて、M&Aによりマレーシア、シンガポール、香港にある企業3社を子会社化しました。3社は現地の家庭や中小企業を中心に幅広くセキュリティシステムを提供しており、セコムグループ各社とのシナジーにより、海外における「ANSHIN」の提供を一層加速していきます。

[セコム]海外での事業展開|IR情報|セコム株式会社(9735)企業情報。社会システム産業構築を目指すセコムの会社概要、沿革、グループ会社情報の他、有価証券報告書、統合報告書「セコムレポート」などのIR情報。プレスリリースのバックナンバーも。