[セコム]連結売上・利益の状況|IR情報|セコム株式会社(9735)−信頼される安心を、社会へ。

財務・業績

FINANCIAL DATA

連結売上・利益の状況

連結売上・利益の状況

POINT1

すべての事業セグメントの増収により、売上高は前期比4.6%増加の1兆600億円となりました。

POINT2

売上原価は、前期比4.4%増加の7,225億円となり、売上高に占める割合は前期の68.3%から68.2%になりました。

販売費及び一般管理費は、前期比1.7%増加の1,946億円となり、売上高に占める割合は前期の18.9%から18.4%になりました。

これらの結果、当期の営業利益は前期比126億円(9.7%)増益の1,428億円となりました。

POINT3

米国などにおける投資事業組合運用益の減少などにより、営業外収益が前期比58億円(29.9%)減少となり、為替差損の増加などにより営業外費用が前期比3億円(6.2%)増加したことにより、経常利益は増益幅が縮小しましたが、前期比64億円(4.5%)増益の1,513億円となりました。

POINT4

関係会社株式売却益の増加などにより、特別利益が前期比15億円(81.8%)増加となりましたが、株価下落による投資有価証券評価損の増加、減損損失の増加などにより、特別損失が前期比41億円(145.6%)増加したことなどにより、税金等調整前当期純利益は前期比38億円(2.7%)増益の1,478億円となりました。

POINT5

前期の税効果会計上の企業分類変更による影響などにより、法人税、住民税及び事業税ならびに法人税等調整額の合計は前期比64億円(16.4%)増加の456億円となり、税金等調整前当期純利益に対する負担率は前期の27.2%から30.9%に上昇しました。

また、非支配株主に帰属する当期純利益が前期比4億円(3.1%)増加の131億円となりました。

これらの結果、当期の親会社株主に帰属する当期純利益は前期比29億円(3.2%)減益の890億円(前期比3.2%減益)となり、売上高当期純利益率は前期の9.1%から8.4%になりました。

[セコム]連結売上・利益の状況|IR情報|セコム株式会社(9735)企業情報。社会システム産業構築を目指すセコムの会社概要、沿革、グループ会社情報の他、有価証券報告書、アニュアルレポートなどのIR情報。プレスリリースのバックナンバーも。