子どもの熱中症に注意!2つの予防ポイント

セコムの舟生です。

若葉の緑が鮮やかな季節ですね。
今月は運動会が催される小学校も多いのではないでしょうか。
さわやかで過ごしやすい時期ですが、毎年この時期になると「熱中症」のニュースが聞こえてきます。

熱中症は、誰でもなる可能性があります。
子どもの場合は暑さに対する耐性が大人より低いので、特に注意が必要です。

また大人より頭の位置が地面に近いので、照り返しの影響を受けやすく、体感温度が高め。
大人に比べて、子どもは熱中症になるリスクが高いといえます。

今回は、子どもの熱中症についての基本的な知識と注意点をまとめます。
今のうちから熱中症対策を始めて、本格的な熱中症シーズンに備えましょう。

もっと読む

2017.05.11

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)