子どもの安全ブログ

[緊急提言]神戸小1女児に何が起きたのか。幼い子を狙う犯罪が増加、対策は?

セコムの舟生です。

防犯の基本は「ひとりにならないこと」ですが、子どもの生活圏にある「危険な場所」「安全な場所」を確認しておくことが防犯につながります。神戸市長田区で、今月11日から行方がわからなくなっていた小1女児が遺体となって発見されました。あまりの痛ましさに、子を持つ親のひとりとして、犯人への強い憤りを感じずにはいられません。

今年1月には、北海道で小3女児が警察官を語る男に連れ去られ、1週間にわたって監禁される事件が発生。また2月には、神奈川県で犬の散歩中の小5女児が誘拐、監禁される事件も起きています。夏休み直前の7月には、岡山県で小5女児が車で強引に連れ去られ、行方不明になる事件がありました。

平成26年度の警察白書によれば、平成25年度に13歳未満の子どもが被害者となった犯罪件数は2万6,939件で、前年より1,327件増えています
平成16年以降減少傾向にあったものの、昨年から一転、増加に転じました。

今回は緊急提言として、神戸の事件を振り返りながら、子どもを狙う犯行から身を守る方法、危険に巻き込まれないための防犯対策をまとめます。

もっと読む

2014.09.29

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは? お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)

アーカイブ

2019年(24)
2018年(62)
2017年(111)
2016年(153)
2015年(155)
2014年(138)
2013年(75)
2012年(93)
2011年(89)
2010年(84)
2009年(70)
2008年(69)
2007年(84)
2006年(115)