住環境改善フィルム|防火・防災・エコサービス|法人向けセキュリティ対策・防犯対策のセコム

オフィスに安心・快適をお届する

住環境改善フィルム

「住環境改善フィルム」は、用途に応じて3タイプ7種類のラインアップからお選びいただけます。

写真:住環境改善フィルム

「住環境改善フィルム」は、用途に応じて3タイプ7種類のラインアップからお選びいただけます。

  • 異なるタイプを組み合わせての重ね貼りも対応可能です。
  • 住環境改善フィルムには、防犯機能はありません。

用途に応じた3タイプ

タイプ1
日照調整フィルム
フィルムの特徴
図:日照調整フィルム
  • 1 日照調整

    • 熱線遮断機能と可視光線カット機能により日照調整。
    • ガラスを透過する直射日光の熱線を遮断することで、
    • 室内の温度上昇を防ぎ、冷房の使用を抑えることが可能です。
    • オフィスビルや工場などの省エネ対策・住宅の西日対策としても効果的です。
  • 2 ガラスの飛散防止

    • ガラスが割れた際に破片が周囲へ飛散することを防止する機能を装備。
  • 3 紫外線カット

    • 高い紫外線カット率で、室内の家具などの日焼けを防止します。
  • タイプ2
    飛散防止フィルム
    • ガラスが割れた際の破片の飛散、落下による二次災害などを防ぎます。
    • 透明色なので、外観を変えたくないガラス面への貼付に最適です。
    • 紫外線カットを有しています。
    タイプ3
    目隠しフィルム
    • すりガラス調の外観に仕上がる乳白色のプライバシー保護フィルムです。
    • 視線をさえぎり、光を柔らかく拡散し、まぶしさを軽減します。
    • ガラスの飛散防止、紫外線カットを有しています。
    フィルム貼付イメージ

    住環境改善フィルム トップ へ

    7種類のラインアップをご用意

    形式 フィルム厚(ミクロン) 可視光線透過率(透明度) 熱線遮断率(太陽熱) 紫外線カット率 飛散防止機能 日照調整機能 目隠し機能
    日照調整フィルム NE70S 65 69% 30% >98% -
    NE60S 62% 40%
    NE50S 55% 48%
    NE35S 38% 61%
    NE20S 16% 78%
    飛散防止フィルム NE 飛散防止 60 89% 12% >99% -
    目隠しフィルム NEホワイトD 77% 30%
    • 1ミクロン=1/1000ミリメートル

    住環境改善フィルム トップ へ

    料金の目安

    基本料金(一律)30,000円(税別) + 住環境改善フィルム 12,000円(税別)/m2 ×ご購入面積
    • 既設フィルムのはがし作業(5,000円(税別)/m2)
    • 高所など特殊費用は別途お見積もりいたします。
    • 窓の設置環境(高所など)や窓の状況(既存のシールはがしや汚れ落としなど)により、別途の費用がかかる場合があります。

    住環境改善フィルム トップ へ

    お見積もりから施工までの流れ

    お見積もり

    対象となるガラスの確認と採寸

    ご成約

    施工確認の日程調整

    施工確認

    施工前に施工スタッフが伺い、施工場所や施工環境の確認ならびに施工方法のご説明、施工の日時調整

    施工

    施工確認に基づき、養生、部材搬入、貼付、清掃、撤収まで要領よく施工

    住環境改善フィルム トップ へ

    お手入れ・アフターケアについて

    養生期間

    • フィルム貼付後約1週間は、接着力が弱いのでフィルム面に力を加えたり、触らないようにしてください。
    • フィルムの一部に白い濁りや水泡が現れたり、外の景色がぼやけて見える場合がありますが、施工時の水分を含んだ粘着剤が原因です。完全に乾燥するときれいになりますので、異常ではありません。
    • 完全接着乾燥に要する期間は設置環境により大きく異なりますが、日当たりが良好な所で概ね夏場1.5カ月・冬期3カ月要します。この間は、空調機の使用やこまめに換気を行い、乾燥を促してください。

    清掃

    • フィルム貼付後、完全接着乾燥までは清掃を控えてください。
    • 通常の汚れは、ゴムスキージーやよく濡らした柔らかい布で強く擦らないように軽く一方向に水洗いしてください。クレンザーなどはキズがつくので使用しないでください。油汚れや汚れが酷い場合には、中性洗剤(濃度1~2%)を使用してください。
    • フィルムは水を使って貼付します。水抜き(乾燥)のため、フィルムとガラス枠の間には2~3mmの隙間をもって施工します。
    • 大きなサイズのガラスの場合、複数枚のフィルムを貼り付けるため、境目が見えることがあります。

    住環境改善フィルム トップ へ

    フィルム貼付の不可個所

    掲載されているすべてのフィルムは、型板ガラス、すりガラス、網入りガラスなど表面に凸凹のあるガラス、ひび割れが入っているガラス、浴室やプール、結露など常時濡れているガラス、屋外には貼付できません。加えて、日照調整フィルム、目隠しフィルムは、網入りガラス、色付きガラス、LOW-E(色付き)ガラスなど熱割れの危険性が高いガラスに貼付することできません。

    住環境改善フィルム トップ へ

    セコムの住環境改善フィルムのページです。法人向けのセコムセキュリティサービスでは、防犯・防災商品から警備情報セキュリティ、ほかにも医療・損害保険など、幅広いサービスをご用意しています。徹底したセキュリティや防犯防火対策警備のサポートをご希望の企業さまは、ぜひセコムにお任せください。