子どもの安全ブログ

梅雨時の熱中症、子どもが危ないのはどんなとき?

セコムの舟生です。

湿度が高くなる梅雨の時期は、汗が乾きにくく体温がこもりがち。服装に配慮して熱中症を予防しましょう。今年も梅雨の季節がやって来ました。
梅雨時は天気も、気温も不安定。
蒸し暑いかと思えば、急に肌寒くなる日もあったり、真夏のように太陽が照りつける日もあったり。

気候がめまぐるしく変化するため、体がついていけないことがあり、熱中症にもなりやすいようです。

今回は、梅雨の季節ならではの熱中症予防のポイントをまとめます。

もっと読む

2015.06.08

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは? お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)

アーカイブ

2019年(22)
2018年(62)
2017年(111)
2016年(153)
2015年(155)
2014年(138)
2013年(75)
2012年(93)
2011年(89)
2010年(84)
2009年(70)
2008年(69)
2007年(84)
2006年(115)