子どもの安全ブログ

グラッと揺れたそのときは...?阪神・淡路大震災に学ぶこと

セコムの舟生です。

今から16年前の今日。兵庫県南部に、戦後最大の都市直下型地震が起きました。阪神・淡路大震災です。崩れ落ちたビルや高速道路、火災や倒壊した家屋の映像が、今も生々しく心に刻まれている方も多いと思います。

6400人を越える尊い命が失われ、4万人以上の方がケガを負い、10万戸あまりの家屋が全壊。街に、そして人々の心に、すさまじい傷跡を残したこの大震災で、私たちも防災対策や危機管理意識の大切さを学びました。

たくさんの犠牲を無駄にしないためにも、ここから得た教訓を今後に活かしていかなくてはなりません。そこで今回は、いざというときどうすれば命を守れるか、大震災に備えた対策をお話したいと思います。

もっと読む

2011.01.17

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは? お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)

アーカイブ

2019年(23)
2018年(62)
2017年(111)
2016年(153)
2015年(155)
2014年(138)
2013年(75)
2012年(93)
2011年(89)
2010年(84)
2009年(70)
2008年(69)
2007年(84)
2006年(115)