子どもの安全ブログ

【冬休み特集 2012年】冬期講習だからこそ気をつけたい通塾の注意ポイント

セコムの舟生です。

冬休みを目前にして、ノロウイルスなど感染性胃腸炎の流行が本格化しています。

12月4日に発表された国立感染症研究所の速報データによれば、11月25日までの1週間で患者は1施設あたり13.02人。流行のピークは 例年12月~1月にかけてですが、11月の時点ですでに去年のピークを上回っています。過去5年で最悪のペースで、全国的に大流行した平成 18年に次ぐ勢いだということです。

ご家庭で必ず行ってほしいのは、流水と石けんによる手洗いをより徹底すること。もし下痢やおう吐などの症状のある場合は、すぐに医療機関を受診すること。自宅での処理は、マスク や手袋をし、周囲を塩素系の消毒剤や家庭用の漂白剤でふき取るなどして、家族への感染予防にも配慮しましょう。

冬期講習のある冬休みは、街の様子が普段と変わります。街の変化に気を配り、通塾の安全を確保しましょう。さて、先週からスタートした【冬休み特集】
冬休み特有の注意点をまとめてご紹介しています。前回は、日没の早い今の時期に気をつけたい「事件や事故にあわないポイント」について取り上げました。

冬休みを指折り数える子どもたち。一方、仕事納めに向けて慌ただしい大人たち。
なんとなく普段と違い浮き立った気持ちになる12月ですが、犯罪や事故も多くなる時期、緊張感を持って過ごしたいものです。

日没の早さに気ぜわしさも加わる冬休み。周辺環境が変化するため、普段にも増して注意が必要です。休み中に冬期講習へ通うというお子さんも多いかと思いますが、通い慣れた塾までの道のりでも同様に注意を払いましょう。

そこで今回は、「冬休み中の塾通いで気をつけるポイント」をまとめました。

もっと読む

2012.12.10

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは? お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)

アーカイブ

2019年(24)
2018年(62)
2017年(111)
2016年(153)
2015年(155)
2014年(138)
2013年(75)
2012年(93)
2011年(89)
2010年(84)
2009年(70)
2008年(69)
2007年(84)
2006年(115)