子どもの安全ブログ

下校中や遊びの帰り道「ひとり」になっていませんか?

セコムの舟生です。

子どもを狙った強制わいせつや連れ去りなどの犯罪は、「ひとり」でいるときに発生することが多いです。
人通りが少なく、周囲から見とがめられない場所やタイミングが狙われます。

昨年12月に起きた、8歳の女児がスプレー缶で液体を吹き付けられ、重傷を負った事件。
報道によれば、女児はひとりで下校しており、犯行現場は人や車の通りが少ない県道でした。

学校帰りや遊びに行った先からの帰り道、どうしてもひとりになってしまうことがあると思います。
ひとりでいるときには、複数でいるよりも事件に巻き込まれる可能性が高くなります。
お子さん自身はもちろん、保護者も危機意識を持つことが大切です。

今回は、ひとりになってしまう場合の安全対策を考えます。

もっと読む

2018.02.15

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは? お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)

アーカイブ

2018年(53)
2017年(111)
2016年(153)
2015年(155)
2014年(138)
2013年(75)
2012年(93)
2011年(89)
2010年(84)
2009年(70)
2008年(69)
2007年(84)
2006年(115)