子どもの安全ブログ

[緊急提言]夕方4時は魔の時間帯。交通事故にご注意を。

セコムの舟生です。

1月中旬、栃木県の県道交差点で、横断歩道を渡っていた3歳女児と母親が乗用車にはねられ、女児が死亡するという痛ましい事故が発生しました。母親によると、歩行者信号は青で、車の運転者は「西日で前が見えなかった」と供述しています。

1年を通して車が絡む交通事故が多いのは、午後4時から6時ぐらいです。
日が傾き始める午後4時すぎ、いわゆる薄暮の時間は「魔の時間帯」と呼ばれています。

今回は、緊急提言として、この「魔の時間帯」に注意すべきポイントをご紹介します。

もっと読む

2014.01.28

  • Facebook
  • twitter
  • Facebook
  • twitter
  • LINE
お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは? お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

スペシャルコンテンツ

このブログについて

このブログは、セコムが、子供たちの安全を守るために、情報を提供しています。

防犯ブザー選び方と
使い方(3つのポイント)

アーカイブ

2019年(13)
2018年(62)
2017年(111)
2016年(153)
2015年(155)
2014年(138)
2013年(75)
2012年(93)
2011年(89)
2010年(84)
2009年(70)
2008年(69)
2007年(84)
2006年(115)