社長メッセージ|【セコム】防犯、警備、ホームセキュリティのセコム株式会社 −信頼される安心を、社会へ。−

社長メッセージ

  • セコム株式会社代表取締役社長 中山泰男
  • 社長メッセージ

セコムは、1962年に日本で初めての警備保障会社として創業しました。1966年には日本初の企業向けのオンライン・セキュリティシステム、そして1981年には家庭向けにホームセキュリティシステムを発売し、現在契約件数が230万件を超えるまでに成長しています。

また、2001年にはGPSを使い屋外でも個人や車の安全を見守るサービス「ココセコム」を開始。2015年には、世界初の民間防犯用の自律型小型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービスを開始するなど、常に時代に先駆けた革新的なサービスを開発、提供してまいりました。

今日、セコムは「社会システム産業」の構築をめざし、セキュリティに加え、防災、メディカル、保険、地理空間情報サービス、BPO・ICT、不動産の7つの事業を展開しています。海外展開にも積極的に取り組み、現在、海外12の国と地域でセキュリティサービスを提供し、グループの能美防災、ニッタン、パスコ、セコム医療システムを含めると、19の国と地域に進出しています。

社会システム産業の構築をめざし邁進する中で、外部環境が大きく変化し、不確実性の増す今日において、2030年を一つのターゲットとして、これからのセコムグループの方向性をより明確にすることで、これまで以上に、社員に「誇り」を、お客様に「信頼感」を、そして全てのステークホルダーにセコムの「将来性」を感じていただきたいという思いを込め、2017年5月に「セコムグループ2030年ビジョン」を策定しました。

「あんしんプラットフォーム」構想の実現により、変わりゆく社会に、変わらぬ安心を。

「あんしんプラットフォーム」とは、これまでセコムが培ってきた社会とのつながりをベースに、セコムと想いを共にするパートナーが参加して様々な技術や知識を持ち寄り(“共想”戦略)、セコムとともに暮らしや社会に安心を提供する社会インフラです。

セコムは、より「安全・安心・快適・便利」な社会の構築を目指し、“ALL SECOM”(セコムグループ総力の結集)と“共想”戦略による「あんしんプラットフォーム」構想の実現を通じて社会とのつながりを強め、さまざまな社会課題を解決することで、社会と共に成長を続け、持続的な企業価値の向上を目指してまいります。

セコムグループ2030年ビジョン
社長メッセージのページです。セキュリティ(防犯警備)のセコム公式サイト。セキュリティシステムや警備・災害支援サービス、医療・保険など、各種セキュリティ商品・サービスをご提供しています。ホームセキュリティ防犯対策警備のサポートをお探しの方は、ぜひ、セコムへ。