心室細動に関するよくあるご質問|セコムAEDオンラインパッケージサービス|医療サービス|法人向けセキュリティ対策・防犯対策のセコム

AED(自動体外式除細動器)

セコムAEDオンラインパッケージサービス

心室細動について

心室細動とは、どのような状態ですか?

心臓が正しいリズムで脈を打たず小刻みに震えてしまうことで、ポンプとして機能せず血液を送り出せない状態になります。心臓が正常に動かないままだと、発症から10分前後でほとんどの方が死に至ります。心室細動の正常化に最も効果的といわれているのが電気ショックです。

心室細動になるとどうなるのですか?

数秒で意識を失い、続いて呼吸が停止します。
心臓が正常に動かないままだと1分ごとに救命率が約10%ずつ低下します。3分以内に除細動を行えば70%が救命できるといわれています。

心臓突然死の発生は年間どのくらいですか?

厚生労働省によれば、日本国内で、年間2~3万人と推計されています。高齢化社会の進展にともない、発症の件数は増加する傾向にあります。

医師が使用したとき、保険点数は付きますか?

2500点が付きます。(25,000円相当です。)

セコムがご提供している「AEDサービス」の心室細動に関するよくあるご質問です。法人向けのセコムセキュリティサービスでは、防犯・防災商品から警備情報セキュリティ、ほかにも医療・損害保険など、幅広いサービスをご用意しています。徹底したセキュリティや防犯防火対策警備のサポートをご希望の企業さまは、ぜひセコムにお任せください。