セコム防犯ブログ|「居空き」「忍び込み」を防ぐためには~女性編~| ホームセキュリティのセコム

  • Check

家庭の防犯対策

「居空き」「忍び込み」を防ぐためには~女性編~

2016年1月28日

女性宅の防犯を知る

 

泥棒は留守中に入るとは限りません。「居空き」「忍び込み」などの侵入手口もあります。万一侵入した泥棒と家の中で鉢合わせてしまうと、特に体力的に弱い立場にある女性の場合は抵抗することが難しく、身に危険が及ぶ可能性も高くなります。

 

女性の部屋を狙ってくる泥棒がいます。まずは女性がそこに住んでいることを知らせないようにして、よくある居空き、忍び込みなどの侵入手段に合った防犯対策を行いましょう。

 

 

■女性だけで住んでいることをアピールしない

女性の防犯対策として窓などに女性らしいグッズをおかない工夫も必要
女性の防犯対策として窓などに
女性らしいグッズをおかない工夫も必要

 

●女性らしい可愛いレースのカーテンやぬいぐるみなどを窓周りにおかないようにしましょう。

 

●洗濯物は部屋の中に干すようにします。天気の良い日にベランダなどに干す場合も、男性の衣類を一緒に干し、同居人がいるかのようにアピールすると良いでしょう。

 

●宅配便など突然の訪問者があった場合も、不用意にドアを開けないようにしましょう。

 

荷物が届いたときでも、「今出られないので扉のところに置いておいてください」といえば大丈夫。伝票の受け渡しはドアチェーンをかけたまま、扉を少し開けるだけでできます。その際、玄関や部屋の中も覗かれないように注意しましょう。

△「居空き」「忍び込み」を防ぐためには~女性編~ TOPへ


■窓ガラスはカギかけ徹底と防犯グッズの活用を

 

●出かける時や就寝時には、すべての窓に鍵をかけましょう。

 

●一般的な三日月形のクレセント錠は、本来、室内の機密性を高めることを主目的としたもの。防犯性能はないと思ってください。手軽に購入できて、取り付けも簡単な補助錠をつけましょう。

 

補助錠はサッシの上側につけるのがおすすめ。万が一、泥棒が開けようとしても、補助錠が上部に付いていると立ち上がらざるを得ないため、周囲の目が気になって不都合だからです。

 

●ガラスが割られにくいように窓には防犯フィルムを貼ります。

△「居空き」「忍び込み」を防ぐためには~女性編~ TOPへ


■玄関ドアから侵入されないために

 

●自分の家の玄関鍵の種類を調べましょう。シリンダー錠にも種類があり、ピッキングに対する性能が違います。防犯性能が高い「ディンプルシリンダー錠」ではない場合、大家さんに頼んで交換してもらうよう交渉してみましょう。

 

サムターン防止カバー
サムターン防止カバー

サムターン回し対策として、「サムターン防止カバー」を取り付けましょう。

 

●部屋の中を覗かれないように、ドアスコープの居室側に厚紙やガムテープなどで目隠しをしましょう。簡単に取り付けられるドアスコープカバーも市販されているので、それを利用するのも効果的です。

 

 


【関連記事 pick up!
泥棒が好む家の環境があるのを知っていますか?
住宅侵入の防犯対策「セキュリティ導入のポイント」をチェック

△「居空き」「忍び込み」を防ぐためには~女性編~ TOPへ

 

■防犯はもちろん、防災・UVカットにも役立つ「防犯フィルム・住環境改善フィルム」

防犯フィルム(SECOMあんしんフィルム)/住環境改善フィルム
防犯フィルム(SECOMあんしんフィルム)
/住環境改善フィルム

 

防犯対策はもちろん、災害時のガラスの飛散防止や省エネ・節電対策まで。ガラスにフィルムを貼るだけのお手軽対策です。用途に合わせて4タイプからお選びいただけます。
>>防犯フィルム・住環境改善フィルムを詳しく見てみる

 

  • Check
  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン

カテゴリ