信頼できる居宅介護支援事業所と良いケアマネジャーの選び方

介護情報なら安心介護のススメ

介護のキホン

介護保険や介護サービスなど関する
便利な情報をわかりやすくご紹介します。

信頼できる居宅介護支援事業所と良いケアマネジャーの選び方

こんにちは、セコムの武石(たけいし)です。

ご自身で相性を確かめることが大切です。晩秋に差しかかりましたが、秋から冬にかけて実は「脱水」が怖い季節
年を重ねるとのどの渇きを感じにくくなるので、介護する方もされる方も、意識して水分補給するよう、心がけてくださいね。

さて今回は、介護の窓口となる「居宅介護支援事業所」や「ケアマネジャー」についてお話ししたいと思います。

居宅介護支援事業所は、一緒にケアプランを作ってくれるケアマネジャーが所属しているところです。
ケアマネジャーは、ケアプランに基づいて、介護サービス事業者や関係機関との連絡や調整なども行います。

ご本人やご家族が納得のいく「介護のカタチ」を実現できるかどうかは、ケアマネジャーの裁量にかかっているといっても過言ではありません。

信頼できる居宅介護支援事業所を見つけることや、良いケアマネジャーさんに出会うことはとても大事なのです。
今回は、"出会いのヒント"をご紹介します。

● 居宅介護支援事業所はどうやって選ぶ?
ケアマネジャーが所属している居宅介護支援事業所は、自治体からの指定を受けた専門事業者なので、地域包括支援センターや市区町村の介護保険課で連絡先のリストがもらえます。

どこの事業所にお願いしたら良いか迷ったら、いくつかに連絡を取ってみましょう。
お願いするかどうか判断するのは、事業所の方の話を聞いてみてからなので、気楽に連絡してみると良いです。
今後の介護生活の拠点を考えて、お住まいに近いほうから順に連絡しても良いかもしれませんよ。
お住まいに近ければ地域の介護や福祉の事情に通じているので、きめ細かな対応も期待できます。

いくつかの事象者に連絡を取り、介護において何を大切にしているのか聞いてみてください
正解があるわけではありませんが、ご本人やご家族の心に届く言葉であれば、相性が良い事業所といえると思います。


● 信頼できるケアマネジャー選びのポイント
居宅介護支援事業所を探すのではなく、ケアマネジャーで事業所を選ぶ方法もあります。
ご近所やお知り合いに、すでに介護サービスを利用している方がいたら、「お宅のケアマネジャーさんはどう?」と聞いてみてはいかがでしょうか。

介護がスタートするときは初めて経験することばかりなので、戸惑うことも多いものです。
そんなとき"クチコミ情報"はとても参考になります

もちろんクチコミ情報だけに頼るのではなく、直接、話を聞いてからお願いするかどうか決めてくださいね。どんなに評判が良いケアマネジャーさんでも、人によっては合わないこともあります。

フィーリングがとても大切です。
話しやすい、好感を持てるなど、感覚的な部分も判断要素になります。
実際に会って話し、信頼関係を築けるかどうか見てみましょう

ケアマネジャーは、介護生活に密接に関わってくる存在です。
安心してお願いできるかどうかのポイントをいくつかあげてみます。

□ 「聴く力」
ケアプランは、介護度や身体の状態だけで決めるものではなく、生活環境やご本人やご家族の想い、パーソナリティー(性格・気質)や価値観・こだわりといったものまで含めて考えるものです。
まず、プランを考える前に、プランの対象となる自分たちを知ってもらうためにはケアマネジャーには「聴く力」がないといけません。
「聴く力」が高いケアマネジャーなら、潜在的な要望や心の声をうまく引き出すような問いかけをしてくれます。話しているうちに、どのような介護を目指すのかが明確になってくるはずです。

□ 「提案力」
ケアプランづくりでは、全部が思い通りになるわけではありません。
「これがないと困るのに、介護保険サービスでは対応できない」ということは起こるものです。
そんなとき、良いケアマネジャーなら、別の方法で困りごとを解消する「提案」を出してくれると思います。
また、同じ問題を解決するにも、いかに自分たちにあった解決方法を「提案」してくれるかが大事です。
介護保険の制度に精通しているだけではなく、アイデアをたくさん持っていて、複数の選択肢を示せることも重要なスキルなのです。

□ 「対応力」
何か困ったとき、連絡するとすぐに動いてくれるケアマネジャーは心強いですね。
介護はいろいろなサービス事業者がチームを組む形で動くので、ときにはトラブルや不満が生じることもあります。良いケアマネジャーなら、きちんと状況をくみ取って、問題が深刻になる前に間に入ってうまく調整してくれるはずです。


ケアマネジャーの考え方や対応で、介護生活は大きく変わります。ケアマネジャーを選ぶことはとても重要なことなのです。

どうしても「あわない」「納得できない」というときは変更できます
介護保険制度は、利用者が事業者を自由に選択することができます。
同じ居宅介護支援事業所で別のケアマネジャーに変更してもらうか、別の居宅介護支援事業所をあたってみましょう。
自分で探すのが難しければ、地域包括支援センターや市町村の介護保険課に相談すると、事業所を紹介してもらえることもあります。


よいケアマネジャーさんとは、利用者や家族の想い、価値観やこだわりを よく「聴き」、自分の考え方や価値観を押し付けず、「提案」し、利用者に選択権をゆだね、主体性を引き出してくれる人です。満足のいく老後の生活、満足のいく介護を、寄り添いながら、一緒に考えてくれる・・・そんなケアマネジャーさんを根気よく探してみてくださいね。

... ... ... ... ... ... ... ...


【関連ページ】
納得できないケアプランは変更できる?

セコムの介護応援ブログTOPへ