セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 新しい車が狙われている車両盗難の実態


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

新しい車が狙われている車両盗難の実態

 日本損害保険協会から、2016年度自動車盗難事故実態調査が発表されました。毎年、前年の11月中に発生した保険金支払い案件の分析結果を、3月に発表しています。
 今回は、車両盗難が300件、車上ねらいが455件となっています。前年比では、それぞれ3.8%、7.1%の減少となっています。一方、支払金額を見ると、車両盗難の一件当たりの支払い保険金額は238.4万円となっています。車上ねらいの一件当たりの支払い保険金額は35.8万円となっており、前年比では、それぞれ10.7%増、5.3%増と、被害額としては増えているようです。

 車名別の盗難状況では、3年連続でプリウスが1位となっています。上位4車種も3年連続で変化がありません。昨年も同様でしたが、上位4車種までを合計すると、車両盗難全体の半数を超えています。
 また、比較的新しい車が狙われる傾向は続いており、登録から5年未満の車両の割合は、2015年の43.6%から増加し、2016年は55.7%まで拡大しています。

 盗難の発生場所を見ると、車両盗難も車上ねらいも、自宅の屋外駐車場、屋外の契約駐車場が多い傾向は変わっていません。しかし、車上ねらいについては、それに加えて路上での被害が大幅に増えています。路上の割合は、2015年は全体の4.5%でしたが、2016年は20.4%となっています。

 新しい車が狙われたり、路上での車上ねらいが大幅に増えたりと、被害の状況は変わってきています。新しい車は、セキュリティ対策がしっかりとしているから大丈夫などと安心しないでください。二重三重の対策をお願いします。特に、万が一、盗難に遭ってしまった場合の、被害拡大防止のための対策も大切です。

【参考情報】
盗難に遭ってしまった場合の位置情報提供サービス
2015年の車両盗難「車両盗難2年連続1位は?」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰


車両盗難ワーストランキング
(2016年11月、日本損害保険協会)


車上ねらいの発生場所
(2016年11月、日本損害保険協会)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • あなたの「?」をセコムするキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ