セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 耳かきを自分でする乳幼児の事故に注意


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

耳かきを自分でする乳幼児の事故に注意

 東京消防庁では、毎年3月3日の耳の日を前に、耳かき中の事故についてまとめています。
 年齢別の救急搬送者をみると、0〜4歳の乳幼児が圧倒的に多くなっています。全体の39.0%がこの年齢層に当たります。次に多いのが5〜9歳の11.3%、その次に多いのが10〜15歳と30〜34歳の6.9%の順となっています。

 小さなお子さんが受傷した状況をみると、「誰かに耳かきをしてもらっていた」というのが多くなっています。おそらくお母さんにやってもらっているのではないかと思います。ところが、1歳と2歳の子どもは、「誰かに」ではなく「自分で」が多くなっています。
 図は、0〜5歳の受傷状況を示したものです。1歳の子どもは6割弱が、2歳の子どもは5割強が「自分で耳かきをしていた」もしくは「耳に入れていた」という状況で受傷しています。小さい子どもは、力の加減がわからずに奥に入れすぎてしまい出血するケースもあるようです。また、耳かきをしながら歩き回るなどして、転倒したり、人やペットにぶつかったりしているようです。

 3歳以上になると、「誰かに耳かきをしてもらっていた」が「自分で」を上回っています。その際の受傷状況は、お母さんが子どもの耳掃除をしていた時に、子どもが急に体の向きを変えたというものもあるようです。
 同じようなケースでは、歯磨き中の歯ブラシによる事故も1歳児が最も多くなっています。綿棒などを手の届かないところにしまうとともに、小さい子どもが耳や口に道具を差し込むシチュエーションでは、いつも以上に注意が必要となります。

【参考情報】
データから読む「歯磨き中の事故は1歳児が最も多い」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰

耳かき中の受傷状況別の搬送者数(東京消防庁)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • あなたの「?」をセコムするキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ