セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > ふわふわ暖かのリスク


月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

月曜コラム 安心豆知識

ふわふわ暖かのリスク

 12月もなかばに入り、寒さが本格化、フリースなどのふわふわして暖かい衣服がありがたい季節になってきました。寒い季節に重宝するふわふわして暖かい生地でできた衣服ですが、火がつきやすいリスクがあるため注意が必要です。

 火が存在する状態、すなわち燃焼とは、「モノが、熱と光の発生をともないながら酸素と結合し続ける状態」のことです。そのためには3つの要素が必要で、これらのうちひとつでも欠けると、火は存在することができません。燃えるモノ、酸素の供給、熱源(点火源)の3つです。

 布地がふわふわして暖かいということは、それを織りなす糸が繊細であり、かつその糸と糸の間に多くの空間があって、そこに暖かい空気を含んでいるということです。燃焼に必要な3つのうち、燃えるモノ、酸素の供給の2つを満たしているのです。そのため、最後のひとつである熱源があると、簡単に燃え始めてしまいます。暖かいふわふわした感触の衣服を着る際には、この「ふわふわして暖かいもの」全般が持つ、火がつきやすいというリスクに十分に気をつける必要があります。

 先日の、イベント展示物のライトアップ照明から出火した火災では、火元であった白熱灯のすぐ側に、ふわふわの「木くず」がたくさんあって、それに引火したということが報道されています。

「ふわふわのものは火がつきやすい」、寒さが続くこれからの季節、このリスクに十分に気をつけ、暖かく過ごしていただければと思います。

【関連情報 pick up!
安心豆知識 火災の要件と着衣着火
安心豆知識 火とその消火法を科学する

リスクマネジメントグループ
甘利康文

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ