セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 忍込み件数が増えているのはどこの県?


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

忍込み件数が増えているのはどこの県?

 近年の犯罪件数が減少傾向にあることは、これまでにも何回か示してきました。皆さんのご家庭に侵入する住宅侵入盗も例外ではなく、この5年で3割から4割ほど少なくなっています。
 そんな中で、ほんのわずかですが増加傾向となっている県もあります。中でも、忍込みが増加基調となっている県は多くなっています。この5年の傾向をみると、増加傾向にあるのは、空き巣では1県、居空きでは3県ですが、忍込みは9県に上ります。

 図は、2010年から2015年までの県別の忍込み件数を示しています。それぞれのトレンドを点線で示しています。
 これらの値をみると、先に示しましたように、47都道府県の中で増加傾向にあるのは9県です。その中で、最も増分が大きいのが山梨県です。5年で166%増となっています。次いで、山形県の127%、愛媛県の103%となっています。さらに、島根県、高知県、福岡県、石川県、滋賀県、岡山県と続きます。減少傾向のサンプルとして、全国の件数推移を示しておきます。

 上記の9県以外は減少傾向ではありますが、減少分が小さい県もいくつかあります。今後、これらの地域が増加に転化する可能性もあります。いまや在宅時の侵入は30%を超えています。今年に入ってから、この9月までの統計で31.4%となっており、うち忍込みは25.7%となっています。ご自宅に帰り、玄関のカギを開けて家の中に入ったら、すぐに施錠をすることを習慣にしていただければと思います。

【参考情報】
データから読む「在宅時の侵入が3割を突破」
在宅時も安心なセコム・ホームセキュリティ

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰


忍込みの件数の推移(実線)と一次近似式によるトレンド(点線)
(警察庁)


月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ