セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 今期の来日外国人犯罪のトップは中国だが・・・


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

今期の来日外国人犯罪のトップは中国だが・・・

 先日、警察庁から発表された「来日外国人犯罪の検挙状況」によると、2016年上半期の来日外国人犯罪の刑法犯検挙件数は4410件となっています。前年同期比で3.3%の増加となりました。犯罪の種類別にみると、最も多いのは窃盗犯で、全体の63.1%を占めていますが、最近はこの比率が減少傾向で、代わって知能犯の比率が増えてきています。また、風俗犯の比率もわずかですが増えています。

 国別にみたものを図に示しました。件数としては中国が最も多く、1211件となっています。次いで、ベトナム、韓国と続きます。しかし、状況は変わりつつあります。2011年上半期と2016年上半期の件数を比較した、5年増加率をみると、中国はマイナス66%となっています。一方、ベトナムはプラス50%です。さらに、図はありませんが、10年間の変化をみると、中国がマイナス75%、ベトナムがプラス127%となっています。

 実際、昨年2015年の統計では、中国よりもベトナムの方が多くなっています。今期は、再び中国がトップになりましたが、今後の外国人犯罪の主流はベトナムとなりそうです。手口としては、特に万引きが多くなっています。帰宅時など、人通りの少ないところを通行する場合は、周囲に気を配りましょう。スマホを注視したり、ヘッドホンの音楽に夢中になったりすることのないようにしていただきたいと思います。

【参考情報】
データから読む「この5年で増えつつある来日外国人犯罪は?」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰


来日外国人犯罪の検挙件数(警察庁)
(上:国別刑法犯検挙件数上位5位、
 下:国別5年増加率)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • あなたの「?」をセコムするキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ