セコム新卒採用サイト

信頼される安心を、社会へ。SECOM
  1. セコム新卒採用サイト
  2. 働き方を知る
  3. 社員インタビュー(研究・開発コース.03)

便利で使いやすい
と言ってもらえるように

長瀨 夕佳
2018年入社
玉川大学工学部 機械情報システム専攻
技術開発本部 開発センター
ソフトウェア開発グループ

セコムに入社を決めた理由を教えてください

大学在学中に人の暮らしをサポートする家庭用ロボットの研究をしていました。その研究を通して、将来は人の暮らしに役立つ製品を開発する仕事に就きたいと考えるようになりました。

就職活動を始めて様々な会社を調べていた中で、セコムはセキュリティ以外にも、あらゆる不安のない社会の実現というミッションに向け、「安全・安心」に関する様々なサービスの提供や、開発をしていることを知り興味をもちました。大学の研究室では、ロボット研究のためにコンピューターに触れ、ソフトウェアを書いたりしており、「きっと今まで学んできたことを活かせる分野がセコムにはある」、「この会社であれば自分も成長できる」と思い入社を決めました。

現在の仕事内容を教えてください

現在は、開発センターのソフトウェア開発グループに所属し、入退管理システムの画面開発を担当しています。
入退管理システムとは、建物の出入を社員証などのカードを使って管理するシステムです、私はWebブラウザの表示部分の開発を担当しており、ソフトウェアを書くところから、動作確認までを行っています。

システムには、いろいろな機能が盛り込まれているため、チームで連携して開発に取り組んでいます。皆の想い・技術力・知識によって、一人の力ではできないことも、成し遂げることができるところに、面白さとやりがいを感じています。

自分自身の知識不足や、新しい技術や開発手法が次々に出てきて、言葉を理解するのも大変ですが、学ぶことが多く、日々刺激を受けて毎日が充実しています。

今後の目標を教えてください

製品に組み込まれるソフトウェアを開発する仕事は、本当にいろいろなことを考えなければなりません。例えば、私が担当している画面開発では、「誤操作をどうやって防止するか」、「操作の組合せや順番の違いで表示内容に矛盾ができないか」などがあります。また、スケジュールを立て、予定通りに作業を進める能力も求められます。

自分では正しく動くように作ったつもりでも、思い通りに動作しないこともあり、そんな時は、技術力不足に悔しさを感じることもあります。まだ担当機能だけで精一杯ですが、今、自分ができることを確実にこなして、任されたことを完璧に仕上げられるように、成長することが今の目標です。

そして、ご利用者様に「便利で、使いやすいと」言ってもらえるような仕組が開発できる技術者に成長していきたいと思っています。

就職活動中の学生さんへ、
メッセージやアドバイスをお願いします

就職活動を振り返ってみると、自分が何の仕事をしたいのか、またどんなことに興味があるのかに、気付く良い機会だったと思います。色々な会社を見たり、話を聞くことができるのは、学生の特権だと思って就職活動を楽しんでください。

私の場合、最初は、分からないことばかりで、働いている自分の姿をイメージできず、漠然と就職活動や、将来に不安を感じることもありました。会社に足を運んで、説明会や面接に参加するのも、すごく度胸のようなものが必要だった気がします。でも、一歩を踏み出してみると、案外どうってことはなくて、仮に面接でうまく喋れなかったとしても、会社はあなたのことをしっかり見てくれています。きっと、みなさんが活躍できるフィールドに導いてくれるはずです。自信を持って頑張ってください!

関連コンテンツ

TOP