セコム新卒採用サイト

信頼される安心を、社会へ。SECOM
f
  1. セコム新卒採用サイト
  2. 採用情報
  3. FAQ

FAQ

みなさんからよくある質問にお答えします。

既卒ですが、応募することは可能ですか?開く

可能です。卒業後3年以内の方は、新卒の学生と同様にご応募いただけます。それ以降の方は、中途採用ページよりエントリーをお願いいたします。

留学生ですが、応募することは可能ですか?開く

可能です。当社では留学生枠は設けておりませんので、国内の学生と同様に選考をさせていただきます。なお、選考時期や入社時期につきましては、ご相談ください。

一般職の募集はしていますか?開く

当社では、一般職・総合職の区別を設けておりません。

セコムグループ内での併願はできますか?開く

可能です。併願の方、あるいは希望される方は、セミナーご参加時に各社の採用担当者へお申し出ください。

成績証明書、健康診断書、卒業見込証明書などは必要ですか?開く

選考が進んだ段階で、ご提出のお願いをしております。応募時には不要ですので、事前にご準備いただく必要はありません。

選考への参加方法を教えてください。開く

エントリー後、パーソナルページよりご希望のコースを選択し、セミナーをご予約ください。セミナーの予約はパーソナルページからのみ受付をしております。また、セミナーへのご参加は必須となっております。

エントリー後のコース変更は可能ですか?開く

可能です。人材採用部あるいは各コースの採用担当者までお問い合わせください。

セミナーでは、具体的にどのようなことをするのですか?開く

事業展開および企業理念や、セコムに入社された場合の仕事内容などについて、実際のVTRも交えて詳しくご説明します。所要時間は約1時間半を予定しております。

適性検査は、具体的にどのようなことをするのですか?開く

詳しくは申し上げられませんが、複数の検査を行います。事前に準備が必要な類のものではありませんので、普段のありのままの自分を出し切っていただくよう努めて下さい。

面接が満席で、予約ができません。どうすればよいですか?開く

日程は随時追加いたします。定期的に「パーソナルページ」をご確認いただくか、人材採用部までメール(recruit1@secom.co.jp)、またはお電話(0120-314-756)でお問い合わせください。

地方在住ですが、交通費は支給されますか?開く

遠隔地にお住まいの方は、地域・選考の状況に応じ当社規定の金額をお支払いしています。

人材育成の考え方について教えてください。開く

「社員の向上と会社の発展は一体不可分」という基本理念に基づき、社員の成長段階と職種に応じた独自の研修・教育体系を整備して人材育成に力を注ぐとともに、公正な評価制度を構築しています。

最初の配属先はどのようにして決まるのですか?開く

本人の適性などを考慮して、総合的に判断いたします。

セキュリティ事業スタッフは、何年経験するのですか?開く

セキュリティ事業スタッフの業務は、当社の全てのサービスの基本であり、しっかりと取り組んでいただく必要があります。そのため、研修ではなく正式に配属をしておりますので、経験期間は個人によって差があります。

入社後の研修ではどのようなことを学ぶのですか?開く

当社の研修施設で、配属職種に応じ1~2週間の研修を実施します。セキュリティ業務に関する知識がないことはもちろん、社会人としての経験もないことを前提としたカリキュラムを組んでおり、実践的で専門的な教育を一から受けることができます。

そのほかに、どのような教育や研修制度がありますか?開く

職種やスキルに応じた教育プログラムを整備し、全国4ヵ所の研修センターで、年間300コースを超える研修を実施しています。また、更なる向上を志す社員に向けた、海外留学制度や通信教育助成制度なども充実しています。

人事異動の際、個人の希望はどのように扱われますか?開く

社員は、「自己申告制度」によって、毎年1回会社に対して、「担当職務についての所感」「今後希望する職務・時期・理由」などを意志表示することができます。この制度を社員が活用することにより、現状に満足することなく、自分の将来のあるべき姿を真剣に考え、仕事を通して自己実現できる機会を得ることができます。

文系出身ですが、将来的に技術系の仕事につく事は可能でしょうか?開く

研究・開発職は、主として大学・大学院などで関連分野を専攻されていた社員が就いております。しかし、実務を通じて知識やスキルを身につけることにより、将来的に様々なフィールドで活躍するチャンスがあります。そのために自分が携わりたい業務や挑戦したい職種をアピールできる制度が整っています。

転勤はありますか?開く

勤務地については以下の2コースに分かれており、Gコースは転勤の可能性があります。

Gコース(Global):転居を伴う人事異動あり
Aコース(Area):自宅または実家からの通勤範囲内での異動あり

海外勤務はありますか?開く

セコムグループは海外主要国にサービスを展開しておりますので、Gコースの方は海外勤務の可能性があります。主に、現地法人の責任者、実務指導の幹部クラスとして派遣されるケースが多くなっています。

休暇に関する制度はどのようなものがありますか?開く

有給休暇のほかに、「リフレッシュ休暇制度」と「フレックス休暇制度」を設置しています。「リフレッシュ休暇」は、勤続10年ごとに2週間の休暇、「フレックス休暇」は、毎年連続した最長10日間と最長5日間の2種類の休暇を取得することができます。

出産や育児に関する制度はどのようなものがありますか?開く

産前産後休暇は、産前は6週間、産後は8週間取得することができ、出産手当金がセコム健康保険組合から支給されます。また、産前休暇の開始前に休暇に入ることを希望する社員は、さらに2週間の出産前休暇を取得することができます。また、子どもが3歳に達するまで取得できる育児休業、また小学校1年生を終えるまで可能な勤務の繰り上げあるいは繰り下げ・就業時間の免除など、労働基準法を上回る手厚いサポートをしています。

育児休暇を取得している社員は、どの位いますか?開く

2015度の育児休業取得者数は143名でした。セコムでは、2002年から男性社員も育児休業を取得しており、女性社員だけでなく男性社員にも育児がしやすい、より働きやすい職場づくりをめざしています。

介護や看護に関する制度はどのようなものがありますか?開く

要介護状態の家族を介護し、介護休業終了後、引き続き勤務をする意志がある場合は、約6カ月(最大186日)まで介護休業または就業時間の変更や免除を取得することができます。

産学連携など外部との交流は積極的に行っていますか?開く

未来の社会に必要となるサービスを創造するための最適アプローチとして、当社の技術と世の中の技術の融合を加速させるためのオープンイノベーションを推進しています。人口知能、IoTなどこれからの技術動向を捉え、最先端の技術開発に取り組んでいるIS研究所はその中心的な役割を果たしております。研究所がこれまでに築き上げた外部組織との幅広いつながりをもとに、産学官連携を強力に推し進めております。

研究・開発の体制や規模について教えてください。開く

プロジェクトの人数はケースバイケースですが、2~3名の小規模なものから、20名以上にもなる大プロジェクトもあります。必要に応じて、各セクションの壁にこだわらず、ダイナミックに人員の配置を行います。

IS研究所と開発センターの業務分掌や連携について教えてください。開く

例えば、民間防犯用としては世界初となる自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」は、当初IS研究所での研究テーマとしてスタートし、研究成果を開発センターに渡して正規の商品化が始まりました。また、開発センターのテーマであった画像センサーの開発では、画像センシングのロジックについてIS研究所に依頼をしています。このように、IS研究所での研究成果による商品化や、開発センターのテーマにおける基礎ロジックをお互いに依頼し、密接に協力しあっています。

TOP