セコム新卒採用サイト

信頼される安心を、社会へ。SECOM
  1. セコム新卒採用サイト
  2. 働き方を知る
  3. 社員インタビュー(研究・開発コース.03)

人とロボットの共存する
社会の実現に向けて

Career
技術開発本部 開発センター
サービスロボット開発グループ

セコムに入社を決めた理由を教えてください

ロボットコンテストなどに出ていた事もあり、学生時代からロボット関係の仕事に携わりたいと考えていました。
就職活動前に知り合いの企業経営者と話す機会があり、今ロボット関係の事業を行っている企業より、これからロボットが必要となる業界の企業に行く方が良いとアドバイスを受けました。
既にロボットを本格的に作っている会社に入っても自分の仕事は全体の一部に過ぎないが、これからロボットを作っていく会社はロボット全体の開発を行える、という意味があったようです。
確かにそうだと思い、これからロボットが活躍すると思われる警備業界を選びました。
警備業界の会社見学会などに伺った中で、ロボットのデモが安定しており、技術力もあると印象を受けたセコムに決めました。

現在の仕事内容を教えてください

サービスロボット開発グループで、自律型警備ロボットの開発を行っています。主にロボット搭載のアーム全体を担当しており、センサの選定、アームの加工などハードウェア作業から、アームを動かすソフトウェア作業まで行っています。
ロボットグループの特徴は、社員の「やりたい」を尊重してくれる点や、現場でロボットを利用する社員の声が聞ける点にあると思います。
チーム開発のため担当割された業務はもちろんありますが、ロボットの機能向上につながるのであれば自ら別の担当に提案していくこともできます。
また、現場で利用する社員からのフィードバックが届くため、ご契約先を意識した開発ができます。

今後の目標を教えてください

最終的には人と様々なロボットが活躍する社会を実現したいです。
実現にあたり幅広い技術が必要とされますが、その中でも私はロボットアームの部分で貢献していきたいです。
現状、アーム自体が高価格であるためアームが搭載されている移動ロボットは少ないです。
そこで、アームの可能性・有用性を提示することが大事だと思います。
具体的にはアームがあることでこんなことができますよ、とイメージを持ってもらえる機能を実装していきたいです。
その結果、ロボットの限界突破・人の利点を意識した警備省人化・警備品質向上が実現できればうれしいです。

就職活動中の学生さんへ、メッセージやアドバイスをお願いします

就職活動は色々と考えることが多く、自分の中の軸がぶれてしまうように思います。
そのような時には自分を振り返ってみるのも良いかと思います。独りでも、友人と共にでも、どちらも有効だと思います。結局、今の自分は過去の自分の延長線上にしかないからです。
その過程の中で、自身でも意識していなかった興味の方向性を、自身の気付きや友人の指摘から見つけられると思います。
私自身、今までやってきた一見バラバラに見えた就職活動が、ある方向性を持っていると感じられました。
方向性が決まったら、後はその方向に進めば自ずと良い結果に繋がると思います。
また、最終的な進路選択に悩んだら、自分の興味のある方を選んだ方が良いと思います。そちらの方が自分の方向性に最も近い存在だと思います。
あなたが楽しいと感じられる職場に出会えるように頑張ってください。

関連コンテンツ

TOP