セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 特殊詐欺にあわないと過信する高齢者


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

特殊詐欺にあわないと過信する高齢者

 内閣府が先日発表した「特殊詐欺に関する世論調査」によると、特殊詐欺に対して「自分は被害にあわないと思う」と答えた人が39.6%、「どちらかといえば自分は被害にあわないと思う」と答えた人が41.1%となっており、この2つを合わせると80.7%の人が被害にあわないと思っているようです。2つの合算については、年代による変化はあまりなく、80%前後となっています。
 ところが、「自分は被害にあわないと思う」と答えた人は、若い人ほど少なく、高齢者ほど多くなっています。最も少ないのが30代の27.0%であるのに対し、最も多いのが70歳以上の人の50.7%となっています。高齢者ほど危機意識が低い状況といえます。

 また、特殊詐欺の手口別の認知度を見ると、オレオレ詐欺の認知度は高く、97.8%の人が知っていると答えています。また、還付金等詐欺と架空請求詐欺は8割弱の人が知っていると答えています。それ以外の手口については浸透しておらず、50%を下回っています。また、「知っていたものはない」と答えた人も0.8%います。
 これを年代別にみると、40代よりも下の年代にはいませんが、50代で1.0%、60代で1.2%、70歳以上で1.4%となっています。総務省の人口統計を用いると、およそ70万人の人が特殊詐欺のことを知らないという計算になります。

 特殊詐欺に対する意識で「自分は被害にあわないと思う」が高齢者に多いこと、手口の認知度で「知っていたものはない」が高齢者に存在することなどから、被害者が高齢者に偏る理由がありそうです。
 2016年の特殊詐欺の統計を見ると、オレオレ詐欺の87.2%は70歳以上です。また、還付金等詐欺では77.8%が70歳以上です。高齢の近親者がいらっしゃる場合、騙される可能性があることを周知していただきたいと思います。

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰


特殊詐欺に対する意識(内閣府の資料をもとに作成)


特殊詐欺の手口別の認知度(内閣府の資料をもとに作成)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ